Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

拡張子を持つ IQ Bot のハードウェアおよびソフトウェア要件

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

拡張子を持つ IQ Bot のハードウェアおよびソフトウェア要件

次の図には、拡張子を持つ IQ Bot の展開アーキテクチャが示されています。

修正されたフォーマット ドキュメントの展開フロー

このページには、Control Room ノードのインストール時に必要な最小要件が示されています。「Automation 360 On-Premises prerequisites 」を参照してください

拡張子のある IQ Bot ノードに必要なハードウェアおよびソフトウェアの最小要件については、以下を参照してください。
拡張子のある IQ Bot ノードをサポートするオペレーティング システム
Microsoft Windows Server 2016 Standard / Data Center
Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard / Data Center
Microsoft Windows 10 Pro/Enterprise
ソフトウェア 詳細
データベース管理システム

Microsoft SQL Server 2012、2014、2016、2017 (Express、Standard、または Enterprise 以降)

Microsoft SQL Azure (RTM) 12.0.2000.8 (任意)

Automation Anywhere Control Room 互換性のあるバージョンについては、「IQ Bot バージョンの互換性対応表」のリストをご覧ください。
Web ブラウザ Google Chrome および Internet Explorer 11 の Web ブラウザをサポートしています。
依存関係
IQ Bot は次のソフトウェアに依存します。これらは、インストール プロセス中に自動的にインストールされます。
  • Microsoft .NET Framework v4.7.2. システムは、アップデートを完了するには再起動するよう指示します。
  • Erlang v22.0
  • RabbitMQ v3.7.17
  • NodeJS v10.16.3
  • Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE

  • Python 3.5.4 (32 ビット)
注: これはインストーラーによって自動的にインストールされ、システムの再起動が必要です。
注: IQ Bot extensions 機能を動作させるには、エンジン ノードでカスタム抽出サービスを実行する必要があります。このエンジン ノードは、IQ Bot ノードがない別のマシンの一部であるものをおすすめします。図で示されているとおり、エンジン ノードを実行するマシンの設定は、フォーマットが修正された特定のドキュメントで構築された、カスタム抽出サービスの要件によって異なります。
フィードバックを送る