Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

固定形式ドキュメントを使用してラーニングインスタンスを作成する

  • 更新済み: 2020/05/07
    • 11.3.x
    • ビルド
    • IQ Bot

固定形式ドキュメントを使用してラーニングインスタンスを作成する

固定形式ドキュメントの関連ドメイン ファイルをインポートします。

手順

  1. [ラーニングインスタンス] タブに移動します。
  2. [新しいラーニングインスタンスを作成] ページで [ドキュメント タイプ] のドロップダウン リストをクリックし、インポートされて選択可能なすべてのドメインを表示します。インポートされた固定形式ドキュメントのドメインも表示されます。
  3. リストから固定形式ドキュメントのドメインを選択します。固定形式ドキュメントのドメインを選択することで、[新しいラーニングインスタンスを作成] ページのアクション / フィールド / ボタンも次のように変更されます。
    1. ページから [分類][演習] が削除されます。
    2. 「固定形式ドキュメントのドメインは事前にトレーニングされ、トレーニング ドキュメントをアップロードする必要はありません」という注記が付いた [ドキュメントをアップロード] フィールドが置き換えられます。
    3. カスタム フィールドは選択できません。
    4. デフォルトでは、すべて選択されています。[すべてのフィールドをクリア/すべてのフィールドを選択] オプションがあります。
      少なくとも 1 つのフィールドにチェックが入っている場合、[固定形式ドキュメントのインスタンスを作成] ボタンが有効になっています。
    5. ユーザーには、ドメインに割り当てられた言語が (プライマリ言語の下に) 表示されます。
  4. 固定形式ドキュメントのドメインおよび関連フィールドを選択した後、[固定形式ドキュメントのインスタンスを作成] ボタンをクリックします。ユーザーは、システムによって [ラーニングインスタンス] リスト ページにもどされ、ラーニングインスタンスのリストが表示されます。ユーザーは、ラーニングインスタンスが正常に作成されたことを確認します。
  5. [Bot] タブには、作成された bot の実稼働ステータスが表示されます。
  6. ユーザーは、[説明] を編集、あるいは bot ステータスをステージング環境に移動させることはできません。システムは、固定形式ドキュメントのみに固有である、グループ 0bot を常に表示させます。
  7. 次に、[ラーニングインスタンス] タブに移動し、[詳細を表示] アイコンをクリックして、[ドキュメント グループ][概要] タブの詳細を表示させます。
  8. ユーザーはラーニングインスタンスを編集できますが、ラーニングインスタンスの作成時に選択しなかった場合、操作は説明の更新/追加、またはその他のフィールドの選択に限られます。
    ラーニングインスタンスにカスタム フィールドを追加することはできません。
    注: 追加/更新された説明は、[ラーニングインスタンス] の詳細ページに表示されます。
  9. 次に、ラーニングインスタンスを実稼働環境に設定します。
    ユーザーは、固定形式ドキュメントのドメインを使用してラーニングインスタンスを正常に作成し、本番に設定しました。

次のステップ

Enterprise Client にログインしてドキュメントをアップロードし、ユーザーが作成した bot を実行します。
フィードバックを送る