Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot ハードウェア/ソフトウェア要件

  • 更新済み: 2020/05/18
    • 11.3.x
    • 調査
    • IQ Bot

IQ Bot ハードウェア/ソフトウェア要件

IQ Bot をインストールする前には、次のハードウェア/ソフトウェア要件に留意してください。

重要: IQ Bot を専用サーバーにインストールし、Control Room を別のサーバーにインストールします。

ハードウェア要件

IQ Bot 推奨事項
アプリケーション サーバーの最適要件
  • 32 GB の RAM
  • オクタ コア プロセッサー
  • 500 GB のハード ディスク空き容量1
  • C ドライブ には 100 GB 以上のハードディスク空き容量があることを確認します。

データベース サーバーの最適要件

サーバー 推奨事項
IQ Bot アプリケーション サービス
  • 32 GB の RAM
  • 8 コア プロセッサー
IQ Bot と関連するすべてのデータベース サーバー用
  • 16 GB の RAM
  • 8 コア プロセッサー
注: その他のアプリケーション データベースとともに IQ Bot データベースをホストする場合は、ハードウェア リソースが比例して増加することを確認します。
Microsoft Azure SQL データベース: 本番環境
  • vCore model (推奨)
  • DTU モデル (プレミアム ティアを推奨)
Amazon RDS: 本番環境 db.t3.2xlarge または db.t3.xlarge

ソフトウェア要件

IQ Bot のインストールには次のソフトウェアが必要です。
ソフトウェア 詳細
データベース管理システム 互換性のあるバージョンについては、「IQ Bot データベースの互換性対応表」のリストをご覧ください。
Automation Anywhere Control Room 互換性のあるバージョンについては、「IQ Bot バージョンの互換性対応表」のリストをご覧ください。
Web ブラウザ Google Chrome および IE 11 の Web ブラウザがサポートされます。
重要: Internet Explorer 11 を使用する場合、[互換表示設定] ウィンドウから [イントラネットサイトを互換表示で表示する] を有効にする必要がある場合があります。
依存関係:

Automation Anywhere は次のソフトウェアに依存します。これらは、インストール プロセス中に自動的にインストールされます。

  • Microsoft .NET Framework v4.7.2. システムは、アップデートを完了するには再起動するよう指示します。
  • Erlang v22.0
  • RabbitMQ v3.7.17
  • NodeJS v10.16.3
  • Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE
  • Python 3.5.4 (32 ビット)
これはインストーラーによって自動的にインストールされます。システムを再起動する必要があります。
注: クラスタ環境では、IQ Bot がインストールされた各マシンにすべての依存関係がインストールされます。
フィードバックを送る