Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

テーブルの集計行からデータを抽出

  • 更新済み: 2019/05/20
    • 11.3.x
    • ビルド
    • IQ Bot

テーブルの集計行からデータを抽出

ユーザーは、Designer のテーブルの集計行をマップして異なる構造を抽出できます。このトピックでは、テーブルの集計行からデータを抽出する一般的なシナリオについて説明します。

次の条件を満たすことにより、この機能が有効になります。

Designer で、[テーブル/セクション設定] > [高度なテーブル オプション] > [テーブルの集計行を抽出] に移動し、[テーブルの集計行を抽出] を選択してテーブルの集計行の抽出をアクティブ化します。

[行抽出に最適な列] のフィールド ラベルを選択し、フィールド ラベルと値をマップすると、左パネルのフィールドのチェック マークが緑色になります。

その他の列の場合は、フィールド ラベルまたはフィールド値のいずれかをマップすることで、左パネルのチェックマークが緑色になります。

Designer で 1 つのテーブルの概要行のみをマップすると、後続のテーブルの集計行 (ドキュメント内の類似したラベルと構造) が自動的に抽出されます。

ステージング環境では、プレビュー ビュー、CSV ファイル ビュー、Validator で、検証するために一覧化されたフィールド名と抽出されたフィールド値が表示されます。

フィードバックを送る