Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

数値

  • 更新済み: 2020/05/06
    • 11.3.x
    • ビルド
    • IQ Bot

数値

利用可能な番号パターンから選択します。たとえば、正規表現や特殊パターンです。

正規表現

次の表には、数字の正規表現の用例が示されています。

フィールド パターン 注記 説明
数字列 ^[0-9]{1,45}$ この正規表現は文字列に 0 - 9 の数字が含まれていることと、長さが 45 文字以下であることを検証します。 [数字列]フ ィールドは正規表現をサポートします。

特殊パターン

パターンはプレフィックス、数字パターン、サフィックスで構成されています。それぞれの用途は次のとおりです。
  • プレフィックス: 数字パターンの前に追加される、記号またはテキスト文字列です。
  • サフィックス: 数字パターンの後に追加される任意の記号またはテキスト文字列です。
  • 数字パターン: 数字パターンは 2 つの部分に分かれています。

    • 整数部:

      これらは 9 個の数字で表されます。

      整数部の 9 個の数字は、整数パターンと、コンマ、スペースなどの区切り記号を表します。

    • 小数部:

      これらは 0 で表されます。

      2 つの小数が必要な場合は、2 つの 0 で表されます。

      小数部の指定はオプションです。

      数字の形式は数値データの検証用に定義されています。

フィールド パターン 注記 説明
数値 サポートされているパターン

数値パターンでサポートされている形式:

  • 10 進数(インド)
  • 10 進数(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)
  • 数字(インド)
  • 数字(アメリカ、イギリス、オーストラリアなど)
  • 通常の 10 進数
  • 通常の数字

数値フィールドは、特別なパターン(システム認識パターン)と正規表現をサポートします。

9,999,999.00 2,597.23
$ 9.999.999,00 $ 7.562.597,23
$9 999 999.00 2 597,23 $
$9 999 999.00 $7 562 597.23
9999999,00 2597,23
9999999.00 7562597.23
99,99,999.00 75,26,569.56
$ 9.999.999,00 $ 7.562.597,23
$9 999 999.00 $7 562 597.23
9 999 999,00 $ 2 597,23 $
€ 9999999,00 € 7562597,23
€9999999.00 €7562597.23
99,99,999.00 € 75,62,597.23€
EUR 9,999,999.00 EUR 7,562,597.23
EUR9 999 999.00 EUR7 562 597.23
9999999,00 EUR 62597,23 EUR
9.999.999.00 62.986.51
9, 999, 999. 00 232, 510. 68

IQ Bot は、プレフィックスやサフィックスをサポートすることで、データの処理や検証が簡単に行えます。パターンや数値フィールドへのサフィックスやプレフィックスの指定は任意です。IQ Bot はサフィックスやプレフィックスを指定しなくても自動修正し、数値フィールドには、プレフィックスやサフィックスとして必要な通貨記号や測定単位を含ませます。パターンや数値データに通貨記号や測定単位を指定した場合、IQ Bot はデータから通貨記号や測定単位を削除します。

注: IQ Bot は、次の通貨記号を自動的に認識します。$、¥、£、₹、€、Rs、USD、EUR、CAD、AUD、GBP、ならびに INR。データでは、有効な通貨記号を指定するようおすすめします。

自動修正

これは日付や数字のフォーマットタイプに適した、IQ Bot のビルトイン機能の 1 つです。スキャンしたドキュメントの日付や数字が正しくない場合でも、定義したパターンに基づき自動的に検証および修正します。

注: 自動修正は特殊なパターンでのみサポートされています。

次の表には、IQ Bot による間違った日付と数字の自動修正が示されています。

間違った OCR 値 パターン 自動修正 説明
日付

12 F3B 2 0 1 5

15-10-2015

dd mmm yyyy

dd-mm-yyyy

12 FEB 2015

15-10-2015

最初の例では、IQ Bot が間違った OCR を「F3B」から「FEB」に自動修正します。

2 番目の例では、IQ Bot は「15 10-2015」を「15-10-2015」に自動修正します。

数字

123 4567

12.34,S67.12

9999999

99,99,999.00

1234567

1234567.12

最初の例では、「 3 」と「 4 」の間の余分なスペースは、パターンに対する検証の後に削除されます。

2 番目の例では、アルファベットの「S」が「 5 」に修正されています。

注: 英語の数値で左に 1 桁以上、右に 2 桁の数字が連続している場合 (例: 1.23)、十進数と数字の間にスペースがあれば自動修正されます。たとえば、「1. 23」または「1 .23」は「1.23」に自動修正されます。

この機能を使用するには、選択した日付と数値のフォーマットフィールドに (検証オプションの) パターンを追加します。

フィードバックを送る