Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Version 11.3.3.1 用の IQ Bot リリース ノート

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot
    • リリース ノート

Version 11.3.3.1 用の IQ Bot リリース ノート

この IQ Bot Version 11.3.3.1 用のトピックでは修正された機能について説明しています。

注: IQ Bot Version 11.3.3.1 は、IQ Bot Version 11.3.3 一般版リリースからの新機能や、変更および修正された機能が含まれるフル リリースです。IQ Bot 用の Version 11.3.3 リリース ノート」をご覧ください。

新機能

このバージョンでは IQ Bot に関して追加された新機能はありません。

変更された機能

カスタム モードで IQ Bot Version 11.3.3.1 にアップグレードするときのインストール プロセスでは、特定の手順に従う必要があります。インストーラー ZIP ファイル内にあるインストール チェックリストに従います。「IQ Bot の Version 11.3.3.x へのアップグレード」をご覧ください。

修正された機能

このバージョンで IQ Bot に関して修正された機能は次のとおりです。

IQ Bot Version 11.3.3.1 の修正された機能
サービス クラウドのチケット番号 説明
14380 IQ Bot の依存関係をインストール中に発生した問題が解決されたため、Python インストーラーの実行中に中断することはありません。必要な Python パッケージがインストーラーに提供されるようになりました。
- - installer-helper.log ファイルに一貫性のないデータが記録されていたとしても、インストールは続行されます。
14445 ユーザーが IQ Bot にアクセスするときには HTTP 431 エラー メッセージが表示されなくなりました。

廃止予定の機能

このバージョンの IQ Bot で一覧化された廃止予定の機能はありません。

既知の制限事項

このバージョンでは IQ Bot に関して新たに追加された既知の制限事項はありません。

フィードバックを送る