Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bots for Salesforce

  • 更新済み: 2022/06/17
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • AARI
    • 概要

RPA Bots for Salesforce

Automation Anywhere RPA Bots for Salesforce を使用して、任意の Salesforce Cloud ページから、定型業務用の Bot を実行します。

注: RPA Bots for Salesforce は、Bot とプロセスを自動化するユーザーごとにライセンスが必要です。シートベースのモデルのため、必要なライセンス数は、RPA Bots for Salesforce のアクセス権を持つユーザー数に相当します。この場合、管理者がアプリケーションと Bot のマッピングを設定することと混同しないでください。管理ユーザーにはライセンスは必要ありません。オートメーションを実行するビジネス ユーザーにのみ、ライセンスを割り当てる必要があります。
RPA Bots for Salesforce は、Salesforce AppExchange マーケットプレイスで提供されているインテリジェント オートメーションであり、Salesforce 内のどこからでも Bot を使用して業務を自動化できます。RPA ソリューションは、次のコンポーネントで構成されています。
  • RPA Bots for Salesforce コネクター

    RPA Bots for Salesforce コネクターは、Bot の設定画面の組み合わせと REST API コレクションを使用して、Salesforce プラットフォームと Automation Anywhere Control Room の間の安全な統合を実現します。

  • Automation Anywhere Bot Launcher Lightning Web コンポーネント

    Salesforce Lightning UI フレームワークを使用して構築されたコンポーネントで、Automation Launcher とも呼ばれます。ユーザーはこのコンポーネントを使用して、Salesforce 内の任意の標準またはカスタム レコード ページから Bot を起動できます。

RPA Bots for Salesforce コネクターは、単一の Salesforce 組織のコンテキスト内でのみ動作します。また、複数の Salesforce 組織にインストールできます。RPA Bots for Salesforce コネクターを使用して、サポート エージェントのケース完了アクティビティ、受注処理など、Salesforce の多くのビジネス プロセスを自動化します。RPA Bots for Salesforce コネクターは、Service Cloud や Marketing Cloud などの Salesforce ポートフォリオ内のどこででも使用可能で、潜在顧客、ケース、アカウント、オポチュニティなどの製品エリアに属する任意の型のオブジェクトと組み合わせて使用できます。

RPA Bots for Salesforce コネクターを使用して、Service Cloud の以下のようなタスクを自動化します。

  • Salesforce ユーザーがグリーン スクリーン端末にアクセスしてクレジット カードの申し込みを処理する必要のあるアカウントを処理する。
  • Salesforce で生成された潜在顧客の数千のホテル リワード ポイントを処理する。
  • 電話に対応しながら、Salesforce の製品プロフィールにアクセスする。
  • Bot を自動的に起動して、Salesforce Lightning Flows または Process Builder 内に設定された定義済みイベントに応じて顧客ライセンスを更新する。

Automation Anywhere Control Room のセットアップ

以下は、Salesforce で Bot を起動するにあたっての前提条件と Automation Anywhere Control Room で実行しておく必要がある手順の概要です。
注: ステップ 1~5 は Control Room の管理者が実行します。ステップ 6 は Bot Creator のユーザーが実行します。
  1. システム要件および Control Room のアクセス権と権限を確認します。

    RPA Bots for Salesforce の前提条件

  2. Salesforce のコネクター構成ステップのための Control Room ユーザーを作成します。

    Control Room 用の RPA Bots for Salesforce ユーザーの作成

  3. カスタム ロールを作成して、RPA Bots for Salesforce コネクター用に作成された Bot RunnerBot フォルダー、およびユーザーをマップします。

    RPA Bots for Salesforce 用カスタム ロールの作成

  4. デバイス プールを新規作成し、新規カスタム ロールをこのデバイス プールのコンシューマーにします。

    RPA Bots for Salesforce のデバイス プールの作成

  5. オプションで、後に Salesforce Org 内で Salesforce Connector を設定するときに使用する API キーを生成して保存します。この API キーは、Control Room へのアクセス権を RPA Bots for Salesforce コネクターに付与する目的で使用されます。

    RPA Bots for Salesforce の API キーを生成

  6. Bot Creator として Control Room にログインし、Salesforce からのデータを渡すための入力パラメーターを使用して Bot を作成します。カスタム ロール作成セットアップ (ステップ 3) で選択した Bot フォルダー (複数可) に Bot をチェックインしていることを確認します。
    ヒント: Bot から Salesforce にデータを戻す場合は、Bot に出力変数も追加したことを確認してください。これは、後のステップで Salesforce レコード フィールドにマップできます。

Salesforce Org のセットアップ

以下は、Salesforce で Bot を起動する前に Salesforce Org で実行する手順の概要です。

これらのステップの詳細については、RPA Bots for Salesforce AppExchange リスト ページの [カスタマイズ ガイド] > [インストールおよび設定ガイド] を参照してください。

Salesforce AppExchange

この Automation Anywhere パッケージは、Bot の構成と Automation Launcher という 2 つの主要コンポーネントから構成されています。Salesforce 標準ユーザーが Bot を起動できるようにする場合は、ユーザーが Automation Launcher コンポーネントへのアクセス権限を持っていることを確認します。ユーザーが Bot を起動するには、ユーザーの [Salesforce レコード] 詳細ページに Automation Launcher が存在する必要があります。

  1. Automation Anywhere RPA Bots for Salesforce コネクターをインストールして設定するには、Org の管理者ユーザーとして Salesforce にログインします。
  2. Salesforce AppExchange リストから、指定した Salesforce Org にコネクターをダウンロードしてインストールします。
  3. Automation Anywhere Control Room と Salesforce の間に安全な接続を確立します。

    RPA Bots for Salesforce で新しい Bot 接続を作成

    要確認: 接続を確立する前に、Salesforce リモート サイト設定から、Control Room URL のセキュリティ プロトコルを無効化する必要があります。このセキュリティ プロトコルの変更方法は、Salesforce のヘルプ サイトに記載されています。リモート サイト設定の構成
  4. データを渡すように Bot を構成します。

    RPA Bots for Salesforce での Bot 構成の新規作成

  5. RPA Bots for Salesforce からコールバック データを受信するように、Salesforce エクスペリエンスを設定します。

    RPA Bots for Salesforce コールバック統合の構成

  6. まだこのようになっていない場合は、権限セットを割り当てて、Web コンポーネントをレコード詳細ページに追加します。

    RPA Bots for Salesforce 権限と Web コンポーネント

セールスフォースからの Bot の実行

Bot Runner として、Salesforce のユーザーは Salesforce のレコード ページから Bot を起動できます。Automation Launcher 権限セットを付与されている Salesforce のユーザーは、Salesforce レコード ページから設定済みの Bot をトリガーできるようになりました。

RPA Bots for Salesforce を使用して Bot を実行する

AARI の統合とプロセスの自動化

ユーザーは RPA Bots for SalesforceAutomation Anywhere Robotic Interface (AARI) を有効にして、任意のレコード詳細ページから自動化されたプロセスにアクセスできるようになりました。この統合により、AARI ソリューションの機能が直接 Salesforce プラットフォームに提供されます。これにより、ビジネス プロセスにおける意思決定やデータ検証に対する要求を軽減しながら、ユーザーにお客様とやりとりするための多くの機能を提供します。自動化されたプロセスはワークフローを合理化し、関係者全員がすぐに使えるようにデータを維持します。RPA Bots for Salesforce のプロセス オートメーション

次のビデオでは、自動化されたプロセスに関する貴重な洞察を得ることができます。

フィードバックを送る