Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Integrations

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bots for Mule 4 リリース ノート

  • 更新済み: 2020/08/19
    • Automation 360 v.x
    • マネージ
    • RPA Workspace
    • リリース ノート

RPA Bots for Mule 4 リリース ノート

RPA Bots for Mule 4 1.0 の新機能とサポートされるバージョン情報を確認します。

概要

RPA Bots for Mule 4 プラットフォーム内の Automation Anywhere ソリューションにより、ユーザーは、それらの機能の MuleSoft インターフェースに切り替えることなく、bots から直接 MuleSoft Anypoint Studio を実行することで Automation Anywhere Enterprise のビジネス プロセスを自動化することができます。

サポートされている Automation Anywhere Enterprise のバージョン

  • Automation 360

    Control Room は、 Cloud または On-Premises の展開ができます。

  • Automation Anywhere Enterprise Version 11.3.2.2 以降。

    Control Room は、On-Premises サーバーまたは Cloud サービスのいずれかに導入できます。

フィードバックを送る