Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

アップグレードの考慮事項

  • 更新済み: 3/03/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

アップグレードの考慮事項

IQ Bot バージョン 11.3.x へ確実にアップグレードするには、アップグレード プロセスを開始する前に考慮事項のセクションを確認します。

IQ Bot Version 11.3.5 へのアップグレード

システムの IQ Bot Version 11.3.5 へのアップグレード
重要: IQ Bot Version 11.3.5Control Room Version 11.3.4.3 以上とのみ互換性があります。

IQ Bot バージョン 11.3.5.x へのアップグレード

IQ Bot バージョン 11.3.5.x. へのアップグレード

IQ Bot Version 11.3.5.2 環境でラーニングインスタンスのバックアップをインポートするには、バックアップ(.iqba)ファイルは、IQ Bot Version 11.3.5.2 環境からのみエクスポートする必要があります。そのため、ソース IQ Bot 環境も Version 11.3.5.2 にアップグレードする必要があります。この要件は、バックアップ (.iqba) ファイルのデータベース スキーマおよびバージョン情報の変更によるものです。

IQ Bot Version 11.3.4 へのアップグレード

インストーラーの ZIP ファイル内にあるインストール チェックリストを使用して、IQ Bot Version 11.3.4 をインストールします。

IQ Bot バージョン 11.3.4.x へのアップグレード

IQ Bot Version 11.3.4 から Version 11.3.4.x パッチへのアップグレード

IQ Bot Version 11.3.3 へのアップグレード

  • IQ Bot Version 11.3.3 では、RabbitMQ バージョン 3.7.17 にアップグレードする必要があります。
  • IQ Bot Version 11.3.3 にアップグレードすると、すべてのグループ情報が新しいテーブルの ContentClassification に格納され、インストールのプロセス中にはすべてのデータがアップグレードおよびこのテーブルに転送されます。
  • マシンのバージョンが SQL Server Native Client 2012 より古い場合はダイアログ ボックスが表示され、アップグレード オプションを選択できます。services.msc を開いて SQL Server (MSSQLSERVER) を停止させます。インストール プロセスを完了させます。
  • アップグレード中にインストーラーは、存在する場合、IQ Bot の以前のバージョンのラーニングインスタンスを検出します。ドロップダウン リストから IQ Bot の以前のバージョンを選択し、既存のラーニングインスタンス用にクラシファイア バージョンを維持します。
  • インストール後に作成された新しいラーニングインスタンスでは、IQ Bot バージョン 5.3.1/Version 6.5 のクラシファイア バージョンが使用されます。
  • IQ Bot バージョン 5.3.1.x からアップグレードし、5.3.1.x のグループ チェックボックスまたはリンクされたテーブル機能に依存するラーニングインスタンスがある場合、フィールド名の競合を回避するため、IQ Bot Version 6.5 にアップグレードする前にはそのインスタンスの検証キューを消去します。
    • IQ Bot バージョン 5.3.1.x は、一意でない区切り記号 (Gender_ID_Female や Patient_Table_Services) である "_" を使用します。
    • IQ Bot Version 6.5 は、グループ チェックボックスに一意の区切り文字 “->“ (例: "Gender_ID->Female")、およびリンクされたテーブル (例: "Patient_Table:Services") に ":" を使用することで、RPA での処理が簡単になります。
  • セキュリティの保護の理由により、IQ Bot Version 6.5 から SQL Server データベースが暗号化されました。追加の保護により、データベース サイズを最大 4 倍増やすことができます。これは暗号化および難読化によるものです。
  • IQ Bot バージョン 5.3.x から Version 6.5 以降にアップグレードする場合、インストーラーはデータベース内のファイルに関連するすべてのデータを暗号化します。
    注:IQ Bot データベースの暗号化」をご覧ください。
  • Version 11.3.1.1IQ BotへのアップグレードVersion 11.3.3.1

    インストーラーの ZIP ファイル内にあるインストール チェックリストを使用して、IQ Bot Version 11.3.3.1 をインストールします。

  • IQ Bot Version 11.3.3.x へのアップグレード
    IQ Bot にアップグレードすると データが Version 11.3.3.x に移行するため、ラーニングインスタンス下のグループ番号が変更する場合があります。ユーザーが Version 6.0.x の古いグループと Version 11.3.3.x の新しいグループ間のマッピングを表示させるには、C:\Users\Public\Documents\Automation Anywhere IQBot Platform\Logs フォルダー内の installation-helper.log ファイルを確認する必要があります。
    注: アップグレードすると、データではなくグループ番号のみが変更されます。
フィードバックを送る