Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot の使用

  • 更新済み: 2/13/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

IQ Bot の使用

IQ Bot は、人間から学ぶことができるコグニティブ (インテリジェント) オートメーションを提供することで、ヒューマン エラーを減らすと同時に、ビジネス プロセスを自動化するために重要ではあるもののあまり構造化されていないデータを素早くかつ効率よく発見し、変換します。

概要

コグニティブ オートメーションは半構造化情報および非構造化情報を処理し、エンドツーエンドの自動化を行うために、ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) Bot が使用する構造化データに変換します。

組織のダーク データの 80% は公開されず、請求書、契約書、注文書などの半構造化データと、E メール、画像、音声などの非構造化データで構成されています。

IQ Bot は機械学習を活用し、ユーザー アクションを通して継続的な改善を図ります。ラーニングインスタンスを作成して IQ Bot の使用を開始することで、処理する必要があるドキュメントタイプ、ドキュメントの言語、各ドキュメントからキャプチャして抽出する必要があるデータフィールドリストを定義します。次に、ドキュメントで演習してトレーニング結果を確認します。抽出したデータは、確認用として CSV ファイルにダウンロードできます。エラーの修正後、Bot を保存して実稼働環境に送信します。本番環境では、一連のドキュメント書に対して演習を受けた Bot を実行し、データ抽出を自動化させます。

IQ Bot ビジネス プロセスのフェーズ

  1. ドキュメントを前処理します。
  2. テキスト セグメンテーションや光学式文字認識 (OCR) を受け取ります。
  3. ドキュメントをグループに分類します。
  4. ドキュメント データを抽出します。
  5. 失敗したドキュメントを検証して修正します。
  6. 検証を完了して保存します。
  7. 承認をトリガーします。
  8. 最終確認と承認を行います。

IQ Bot は人間による修正から学習し続けるため、時間の経過と共に賢さや精度が高まります。

ユーザー要件

オートメーション タスクを作成して構成し、TaskBot を導入するユーザーは、IQ Bot ラーニング インスタンスの作成、ステージング環境から本番環境への移行、例外を含むドキュメントの修正も行います。

プライマリ ユーザーのロールは次のとおりです。
  • サービス ユーザー: オートメーションの専門家がサンプル ドキュメントで Bot をトレーニングし、後日これらの Bot が大量のドキュメントを自動処理できるようにします。
  • バリデーター: ビジュアル インターフェイスを使用して、ドキュメントからのデータ抽出を手動で検証または修正します。
ユーザーは、次の点についても理解する必要があります。
  • Automation Anywhere Control Room の一般的な管理業務
  • 構造化ドキュメント、半構造化ドキュメント、非構造化ドキュメントの違い
  • 請求書番号、請求書発行日など、半構造化または非構造化ドキュメントの標準フィールド。
  • Automation Anywhere の一般的な自動化コマンド
  • インターネット情報サービス
  • ウェブ サービスの開始および停止方法
  • ポートのブロックおよびアンブロック方法

一般的なプロセス

IQ Bot の一般的なプロセスを使用してラーニング インスタンスを作成してドキュメントをアップロードし、Bot を構築/トレーニングして、抽出データを検証・修正し、Bot を本番環境に設定します。

IQ Bot を使用するための一般的なプロセスを以下に示します。
  1. ラーニングインスタンスの作成およびサンプル ドキュメントのアップロードを行います。
  2. ドキュメントの分析後に、パフォーマンス レポート ページ 内のレポートを確認します。レポートには、サンプル ドキュメントに関する重要な洞察が示されています。例えば、類似したドキュメントのグループ化、すべての必須フィールドを返すドキュメント グループ、ラーニングインスタンスの作成やトレーニングに使用するドキュメン トグループなどがあります。
  3. サンプル ドキュメントの分析後に ラーニングインスタンスのトレーニング を参照し、必須フィールドをマッピングしたり、グループ内のドキュメントを最もよく反映するドキュメントで検証ルールを設定します。実稼働環境に導入されたラーニングインスタンスは、このグループの一部として特定されたすべてのドキュメントを処理します。
  4. 学習インスタンスを実稼働環境に設定 のトレーニング後には、処理するため Bot コマンドを使用してドキュメントを本番環境にアップロードします。「ラーニングインスタンスにドキュメントをアップロード」をご覧ください。
  5. フィールド抽出やルールに関する問題のためにストレート スルー プロセッシングが完了していないドキュメントは、人間による検証が必要です。ユーザーには エラーを含むドキュメントを検証 が必要です。
  6. プロセス全体を通じて、IQ Bot ダッシュボード を使用して実稼働インスタンスの進行状況を監視します。

プロセス全体を通じて、IQ Bot ダッシュボード を使用して実稼働インスタンスの進行状況を監視します。

IQ Bot の機能と使用するメリット

IQ Bot は次の機能のために使用します。

  • ウェブ ベースの Designer で、重要度の順にラーニングインスタンスをトレーニングするウィザードを使用します。
  • Bot Store から新しいドメインをダウンロードし、ドメイン管理ユーティリティの新しいユース ケースでセットアップ時間を短縮します。
  • Control Room にログオンしている場合、シングル サインオン機能を使用すると IQ Bot ポータルが直接開けます。
  • IQ Bot バージョン 6.0 統合の一部として、Automation Anywhere プラットフォームの強力なセキュリティ機能を活用します。
  • ウェブ ベースの バリデーター で、迅速かつシームレスな処理を行います。
  • データ抽出結果をプレビューして、ラーニングインスタンスに提供されたトレーニングを確認します。
  • セマンティック分析と自動分類を使用して学習アルゴリズム、請求書、発注書、明細書を分析し、データタイプやフォーマットを抽出します。また、以下も実行します:
    • フィールド マッピング後にファイル値を自動検出します。
    • 人間のエキスパートができなかった例外を自動修正します。
    • 組み込み型の信頼度レベル メカニズムに基づき、例外にフラグを付けます。
    • クロス フィールド マッピング ルールとフィールド コリジョン レゾリューションを使用します。
  • 現在のコンピュータビジョン技術の OCR、ドキュメントの分類、ドキュメントのデータ抽出を活用します。
  • 英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、日本語、韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語を含む 190 の言語をサポートします。
    注: Version 6.5.2デフォルトでは、ユーザー インターフェース言語のドロップダウン リストが表示されています。リストからそれぞれの言語を選択します。

リソース

詳細については、Automation Anywhere University: RPA Certification Courses (A-People login required) で次のコースを検索してください。
  • Intelligent Document Processing with IQ Bot (IQ Bot での高度な文書処理)
  • Unleash Your Intelligent Bots: Develop Cognitive Bots Driven by AI & Machine Learning (IQ Bot) (インテリジェント Bot の活用: AI と機械学習によるコグニティブ Bot の開発 (IQ Bot)
フィードバックを送る