Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

フォルダー内の複数のファイルをラーニングインスタンスにアップロード

  • 更新済み: 6/14/2019
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

フォルダー内の複数のファイルをラーニングインスタンスにアップロード

このタスクを使用して、複数のドキュメントを IQ Bot サーバーにアップロードします。一度に複数のドキュメントをアップロードすると、時間を節約できます。

次の例では、IQ Bot コマンドと [フォルダー内の各ファイル] ループ コマンドを使用して、複数のドキュメントをローカル フォルダーから IQ Bot サーバーにアップロードします。

手順

  1. ドラッグ アンド ドロップを使用して、IQ Bot コマンドを [コマンド] リストから [タスク アクション リスト] パネルに移動させます。IQ Bot ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. ドキュメントをアップロードするためのラーニングインスタンスを選択し、参照ボタンをクリックして、アップロードするファイルを選択します。
  3. [保存] ボタンをクリックします。IQ Bot コマンドが、[タスク アクション リスト] パネルに追加されます。
  4. ソース ファイルでは、ファイル パスを参照するか、次のような変数を含みます: $CurrentDirectory$\$FileName$.$Extension$
    変数マネージャーを使用して、拡張パラメーターを定義します。
  5. ドラッグ アンド ドロップを使用して、[フォルダー内の各ファイル] ループ コマンドを [タスク アクション リスト] に移動させます。[ループ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  6. [参照] ボタンをクリックして目的のフォルダーを選択し、[保存] をクリックします。ループ コマンドが [タスク アクション リスト] パネルに追加されます。
  7. [ファイル パス] フィールドの既存のファイルパスアイテムを削除して、Microsoft Windows マシンで F2 ボタンと Fn ボタンを押します。[変数を編集] ダイアログ ボックスが表示されます。
フィードバックを送る