Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ステージング環境

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

ステージング環境

ラーニングインスタンスのワークフローは、ステージング環境と本番環境の 2 つに分けられます。ステージング環境は、トレーニング、テスト、検証を行う環境で、実稼働環境で大量のドキュメントを処理する場合、ドキュメントを使用して IQ Bot のワークフローの実務経験を得ることができます。

ステージング環境では、本番環境に導入される前にラーニングインスタンスおよび bot のトレーニングとテストを行って、精度を向上させることができます。
注: ステージング環境からのデータは、本番環境には表示されません。
ステージング環境の主な目的は次のとおりです。
  • 概要が表示されるので、bots ‬を本番環境に導入する前に、抽出されたデータを確認および修正することができます。
  • ステージング環境のレポート データを提供し、実稼働環境のレポート データを妨害しないようにします。
ステージング環境で次のタスクを実行します。
  • サンプル ドキュメントをアップロードします。
  • サンプル ドキュメントを分類/デジタル化します。
  • データを抽出する bots を作成またはトレーニングします。
  • 抽出の検証や手動での修正を行うためにプレビューします。
  • bots を保存して本番環境で設定します。
フィードバックを送る