Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ラーニングインスタンス

  • 更新済み: 5/26/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

ラーニングインスタンス

アップロードするラーニングインスタンスを作成してサンプルドキュメントをトレーニングします。トレーニングの完了後、ラーニングインスタンスを実稼働環境に送信し、実際のドキュメントでデータの抽出を実行するために使用します。[ラーニングインスタンス] ページでは、すべてのラーニングインスタンスと詳細を表形式で表示できます。

ラーニングインスタンスは、ユーザーがドキュメントをアップロードし、特定のタスクを 2 段階で実行できる環境です。
  • トレーニング:

    トレーニング段階では、実稼働環境で処理する大量のサンプルドキュメントで bot を作成、編集、テストできます。

  • 実稼働環境:

    実稼働段階では、ユーザーは bot が自動で処理するよう、新しいドキュメントを IQ Bot にアップロードできます。システムがエラーを付けたドキュメントでは、ユーザーは手動で表示させて編集できます。

ラーニングインスタンスがステージング環境にある場合は、トレーニングの詳細が表示されます。ラーニングインスタンスが実稼働環境にある場合は、本番環境からの詳細が表示されます。

初めて IQ Bot にログインすると、「現在のラーニングインスタンスはありません」というメッセージが表示されます。[今すぐ新規作成] ボタンをクリックして、最初のラーニングインスタンスを作成します。

注: 以前のバージョンの IQ Botbots を作成した場合、以前のバージョンで作成したすべての bots は、IQ Bot の現在のインストールに表示されます。例えば、バージョン5.2、5.3、Version 6.0 で作成されたすべての bot は、現在インストールされている IQ Bot バージョンで使用できるようになります。

ラーニングインスタンスをクリックして、すべてのラーニングインスタンスと詳細を[概要] タブで表示します。[ドキュメント グループ] タブには、カテゴリ化されたドキュメント グループが表示されます。

Version 6.5.2

[ドキュメント グループ] タブ

[ドキュメント グループ] タブには、ラーニングインスタンスの分類グループのドキュメント リストが表形式で表示されます。

ラーニングインスタンスを作成して、トレーニングするドキュメントをアップロードすると、ドキュメントはコンテンツに基づいて自動的に同じドキュメント グループにカテゴリ化されて分類されます。これらを分類グループと呼びます。bot は、コンテンツが類似しているグループ内のドキュメント間では、テキストの抽出に成功する可能性が高くなります。

[説明] 列にドキュメントグループの説明を入力します。「#」以外のすべての特殊文字を使用できます。グループの追加の説明、では最大 30 文字まで入力できます。説明テキストをクリックして、グループ説明を編集します。[Bot] タブを更新し、ドキュメントの説明を更新します。Bot が実稼働モードにある場合、説明タブは無効になっています。

状況によっては、実稼働環境のドキュメントが、ステージングからのドキュメントが含まれない新しいグループを作成する場合があります。これは、Bot の作成時に [実稼働ファイルをコピー] プロパティを「false」に設定すると発生します。[実稼働ファイルをコピー] プロパティを「false」に設定して新しい Bot を作成すると、次のメッセージが表示されます。

この Bot で利用可能なトレーニング ドキュメントはありません。関連付けられたラーニングインスタンス用のトレーニング ドキュメントをアップロードし、もう一度試してください。

[実稼働ファイルをコピー] プロパティを「true」に設定すると、ドキュメントは自動的にステージング環境にコピーされます。

[概要] タブ

ラーニングインスタンスの概要を表示するには、[インスタンス] テーブルからラーニングインスタンス名をクリックします。ラーニングインスタンス領域には、現在の環境を示すラベルと共にラーニングインスタンス名が表示されます。

フィードバックを送る