Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Microsoft Windows 認証

  • 更新済み: 4/07/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

IQ Bot Microsoft Windows 認証

IQ Bot プラットフォームの管理者は、IQ Bot プラットフォームのインストールを使用して、データベース用に Windows 認証を有効にできます。これにより、Windows 認証または二重認証による SQL データベースへの接続が可能になります。

IQ Bot のインストール時に Windows 認証 のチェックボックスを選択して有効にします。この場合、ユーザー名とパスワードのフィールドは無効になります。接続または資格情報に問題があると、エラー メッセージが表示されます。
注: デフォルトでは、Windows 認証ボックスは選択されていません。

IQ Bot インストーラーには、IQ Bot プラットフォーム管理者がデータベースで Windows 認証を有効にするためのアドバンスト モードがあります。

次の情報についてのエラーメッセージが表示されます。
  • 無効なポート番号
  • 空のホスト名/ポート
  • データベース接続の失敗
フィードバックを送る