Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot のカスタム ドメイン

  • 更新済み: 3/11/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

IQ Bot のカスタム ドメイン

ドメインには、ドキュメントの言語とドキュメントから抽出されるフィールドに関する情報が格納されています。IQ Bot が提供するドメインのほかに、カスタム ドメインを作成して IQ Bot 環境に追加することもできます。これは、[ドキュメントタイプ] ドロップダウン リストに表示されます。

カスタム ドメイン

重要: 管理者ロールまたはドメイン アクセス権限 (Control Room で設定) が割り当てられているロールを持つユーザーは、IQ Bot[ドメイン] タブとその機能を表示してアクセスできます。

[ドメイン] タブには、システムで使用する使用可能なすべてのドメインと、その関連言語が表示されます。IQ Bot が提供するすぐに使用できるドメインに加えて、カスタム ドメインを作成して、それを IQ Bot にインポートすることもできます。

Create a custom domain (A-people login required)

カスタム ドメインを使用してラーニングインスタンスを作成する場合:

  • ドメインの作成時にドメインに割り当てられた言語が表示され、[ドキュメントの主要言語] ドロップダウン リストから選択できるようになります。
  • カスタム ドメインの作成時に選択したフィールドが、[新規インスタンス] ページの [抽出するフィールド] セクションに表示されます。
[ドメイン] タブの [インポート] または [エクスポート] オプションを使用して、ドメインをインポートまたはエクスポートできます。
注: ドメインが作成され、.dom 拡張子でシステムに保存されます。
ヒント: 中国語のドキュメントの分類問題のトラブルシューティング:

Classification issue with Chinese Invoices (A-People login required)

ドメインのインポート

次のシナリオの場合、ドメインをインポートします。

  • 新規ドメインのインポート
  • 既存のドメインを別のシステムから現在のシステムにインポートします。

ドメインをシステムにインポートする場合:

  1. ドメインをインポートするシステムに移動します。
  2. [ドメイン] タブで [新規ドメインをインポート] をクリックし、インポートするローカル マシンの .dom ドメイン ファイルを選択します。

    [ドメイン] タブにドメインのインポートが正常に完了したことを示すメッセージが表示されます。

    [新規インスタンス] ページの [ドキュメント タイプ] ドロップダウン リストで選択したインポート済みドメインが表示され、[ドメイン] ページのドメイン リストに表示されます。

ドメインをエクスポート

ドメインの横にある [エクスポート] オプションをクリックすると、ローカル ドライブの出力フォルダーにエクスポートされます。エクスポートされたドメインは暗号化され、.dom ファイル名拡張子で作成されます。

既存のドメインを 1 つの IQ Bot システムからエクスポートして、別のシステムにインポートします。

IQ Bot システムからドメインをエクスポートするには、次の手順を実行します。[ドメイン] リスト ページで、エクスポートするドメインの横にある [エクスポート] オプションをクリックします。

ドメインが正常にエクスポートされたことを示すメッセージが表示されます。

ファイルは、.dom ファイル名拡張子でマシンのローカル出力フォルダーにエクスポートされます。

注: ドメイン ファイルはセキュリティのために暗号化されます。

ドメインのインポートおよびエクスポートアクションに対する現在の制限事項

重要: ドメインのインポートまたはエクスポートは、移行ユーティリティ機能の移行アクションとは無関係です。

カスタム ドメインを使用して作成したラーニングインスタンスをシステム間で移行する場合、フィールド名と ID もターゲット マシン内で同じにする必要があります。そうでない場合、ラーニングインスタンスはインポートされますが、カスタム ドメインはインポートされず、カスタム ドメインに関連付けられたフィールド名と ID はインポートされたラーニングインスタンスで機能しません。インポートされたラーニングインスタンスをドキュメントに対して実行してもドキュメントは分類されません。

カスタム ドメインを新しいシステムにインポートしても、フィールド名と ID はシステムによって自動的に生成されるので一致しません。したがって、分類は失敗します。これが、カスタム ドメインを使用する移行ユーティリティ機能の現在の制限事項です。

回避策: 現在のマシンからターゲット マシンにエイリアス データベースをコピーします。その後、カスタム ドメインを使用してラーニングインスタンスを移行します。すべてのラーニングインスタンスをステージング環境に移動し、ラーニングインスタンスを本番環境に移動する前にテストします。

IQ Bot 11.3.x リリースでは、既存のカスタム ドメインを編集および削除することはできません。既存のカスタム ドメインにフィールドを追加する場合は、新しいフィールドを作成し、既存のフィールドと追加のフィールドを割り当てる必要があります。

カスタム ドメインの機能拡張

注: IQ Bot A2019.14 およびバージョン 11.3.5.2 リリース以降、同じ名前の複数のドメインをインポートして編集できます。

任意の順序でのカスタム ドメインのインポート

ラーニングインスタンス (カスタムドメインを使用して作成) をステージングサーバーから本番サーバーに移行する場合、作成時と同じ順序でカスタム ドメインの別のバージョンをインポートしない限り、移行は失敗します。

カスタム ドメインを編集してフィールドとエイリアスを追加する機能が使用できなかったため、新しいドメインを作成し、それにフィールドとエイリアスを追加する必要があります。その後、その新しいドメインをラーニングインスタンスに割り当てる必要がありました。そのため、新しいドメインを使用する場合、元のドメインと新しいドメインを作成された順序で本番サーバーに再インポートする必要があります。

Edit a custom domain IQ Bot (A-People login required)

このリリース以降、この制限は排除されました。

  • 既存のカスタム ドメインを複数回編集および更新し、本番サーバーにインポートすることもできます。
  • 任意の順序でカスタム ドメインをインポートできます。更新されたフィールド (フォームまたはテーブル) とフィールド エイリアス (フィールドに関連付けられたトレーニング ドキュメント内のフィールド値のバリエーション) は、本番サーバーに正常に移行されます。
重要: エラーを回避するために、本番サーバーにインポートする前に、ステージングサーバーのカスタム ドメインに対してすべての編集または更新を実行します。

IQ Bot は、ラーニングインスタンスの作成時に使用されるカスタム ドメインのバージョンの定義済みフィールドとエイリアスに基づいて、ドキュメントの分類を実行します。

(追加のフィールドを含む) 同じカスタム ドメインを編集すると、カスタム ドメインのバージョンが変更されます。新しいバージョンのカスタム ドメインを使用して作成した新しいラーニングインスタンスの場合、分類は更新されたフィールドでも行われます。編集されたフィールド (フォームまたはテーブル フィールド) は、ラーニングインスタンス内で特定しやすいように、横に 2 つのアスタリスク付きでラーニングインスタンスに表示されます。

フィードバックを送る