Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot 検証キュー

  • 更新済み: 4/07/2020
    • 11.3.x
    • 管理
    • IQ Bot

IQ Bot 検証キュー

検証は bot に関する問題の検証と修正に伴う複雑性を解決し、修正に必要な時間を短縮し、人間の介入の必要性を最小限に抑えます。

IQ Bot はドキュメントをバリデーターに表示される前に処理し、そのドキュメント内の 1 つ以上のフィールドにエラーのフラグを付けます。ユーザーはバリデーターでフラグの付いたフィールドを修正したり、フラグの付いていないフィールドを確認できます。

修正して保存すると、更新されたドキュメントは ストレート スルー プロセッシング (STP) にカウントされず、成功キューに移動して上流のオートメーション タスクで選択できるようになります。これが IQ Bot 検証キューです。

自動処理のルールに不適合なドキュメントや、OCR の信頼度が低いためにフィールド値が不合格となったドキュメントは、手動で確認および修正するためフォルダーに移動されます。手動による確認は、適切なフォルダーへの移動とドキュメントを修正するためのスクリプト知識 (.csv ファイルで実行) が必要なため、時間がかかり複雑です。

注: フィールドレベルの OCR の信頼度を使用して STP 出力の質を向上させる方法の詳細については、「OCR の信頼度を使用した出力品質の向上」をご覧ください。
フィードバックを送る