Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

子テーブル内で 1 つ以上のリンクフィールドを定義

  • 更新済み: 5/06/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

子テーブル内で 1 つ以上のリンクフィールドを定義

Designer の子テーブル内で 1 つ以上のリンク フィールド/セクションを定義し、親テーブルや子テーブルとフレキシブルな方法でリンクします。

Designer の[子テーブルのリンク フィールド] 機能を使用して、テーブルリンクや、親と子テーブル間のテーブル リンクで階層を作成します。これにより、テーブル間で簡単にリンクできるだけでなく、データが効率よく抽出できます。外部キーデータの抽出では、次の関係のみを構築できます。
  • 単一の親行を単一子行にリンクします (1 対 1 のリンク)。
  • 単一の親行を複数の子行にリンクします (1 対 多数 のリンク)。
注: IQ Bot はチェックボックスのリンク付けをサポートしていません。

この機能を、それぞれが具体的な情報を持つ、名前や ID のリストを含むドキュメントで使用します。たとえば、顧客リストや顧客の請求書および使用状況に関する情報を含む、電気会社からのドキュメントです。または、テストの点数が表示された学生名のリストを含むドキュメントなどです。複数のテーブルを作成して共通のフィールドをリンクすることで、効率の良い、かつ正確なデータ抽出が可能になります。IQ Bot は最大 50 列と無制限の行のリンク付けをサポートします。ただし、複数のページにまたがる行からのデータ抽出はサポートしていません。

  • 単一の親・子テーブル フィールド/セクションのリンク付け:
    Designer の [テーブル/繰り返しセクション] で、子テーブルにリンクさせる親テーブルの 1 つ以上のフィールド/セクションを選択します。
    1. 子テーブルの [テーブル設定][テーブル フィールドをリンク] の順にクリックし、テーブル名のドロップダウン リストから親テーブルを選択します。これにより、リンク先として選択できる、親テーブルの使用可能な列オプションが表示されます。
    2. リンクする列を選択し、下向きの矢印をクリックして列を子テーブルにリンクします。
    3. リンクされた列は、[子テーブル] > [テーブル設定] > [(テーブル名) にリンク] の下に表示されます。
    4. 抽出されたデータをプレビュー ([抽出結果を表示] をクリック) すると、親テーブルのリンクされたフィールドが子テーブルの左端の列に表示されます。
  • 複数階層のテーブル フィールド/セクションのリンク付け:
    階層内のテーブル 1、2、3 をリンクする場合は、1 が 2 の親であり、2 が 3 の親となるようにリンクさせます。3 つのテーブルはすべてリンクされます。子テーブル 3 は、テーブル 2 と 1 からリンクされたフィールドを表示します。IQ Bot は、階層で一度に最大 6 つのテーブルのリンク付けをサポートします。
    注: テーブル 3 の場合、1 ではない、2 のフィールドのみを選択できます。
    抽出されたデータをプレビュー ([抽出結果を表示] をクリック) すると、親テーブルのリンクされたフィールドが子テーブルの左端の列に表示されます。次の列には、テーブル 2 のリンクされたフィールドが表示されます。
    重要: 正しくリンクさせるには、子テーブルが親と同じまたは下位レベルにある必要があります。
フィードバックを送る