Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Designer のトレーニングを開始

  • 更新済み: 12/04/2019
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

Designer のトレーニングを開始

ラーニングインスタンスの作成後、[演習] ボタンをクリックして Designer ウィンドウを開き、そのラーニングインスタンス内で Bot を作成および編集します。

Designer ウィンドウが開き、自動マッピングされたフィールドとともに、トレーニング用の最初のドキュメントが表示されます。必要に応じてフォーム フィールドやテーブル フィールドを定義してマッピングしたり、自動マッピングされたフィールドを確認または再マッピングします。ドキュメント名は、

グループ名 > ドキュメントクラス名 [ファイル名] の形式で表示されます。

ドキュメント名が長すぎる場合は、名前の一部にマウス オーバーし、ツール チップとしてドキュメントのすべての名前を表示します。

Designer の左パネルには、フィールドやテーブル ヘッダーとともに、新しく追加されたドキュメント クラスのトレーニング パネルが表示されます 中央パネルには自動マッピング値が表示され、マッピング値を選択/検証できます。右パネルには、トレーニング中のドキュメントが表示されます。

Bot に一度にアクセスできるユーザーは 1 人だけです。別のユーザーが使用している場合、[Botを開く] オプションは無効になっています。

トレーニング中のドキュメントの表示サイズを調整するには、ドキュメント ウィンドウの下にあるズームインズームアウト画面に合わせるアイコンを使用します。改ページ矢印を使用すると、ドキュメントの別のページに移動できます。

注: IQ Bot で非アクティブな状態が 20 分続くと、ユーザーはシステムからログオフされ、ログイン ページにリダイレクトされます。
ヒント: PDF ファイルを TIFF ファイルに変換する方法について説明します。

How to convert PDF files to TIFF files (A-People login required)

フィードバックを送る