Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

繰り返しテーブルとセクションをマップする

  • 更新済み: 5/20/2019
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

繰り返しテーブルとセクションをマップする

このトピックでは、繰り返しセクションのラベルや値をマップする方法について説明します。

次の手順に従い、繰り返しセクションのラベルや値をマップします。

  1. 好きなドメインにドキュメントを添付してラーニングインスタンスを作成し、必要に応じてフィールドを追加します。たとえば、請求書ドメインにインスタンスを作成し、患者名、サービス日、正味金額、請求金額を追加します。
  2. Designer/トレーニング ページを開きます。
  3. 繰り返しセクションを選択します。
  4. 選択したシステム選択領域 (SIR) で、[タイプ] のドロップダウンメニューからタイプを選択します。
  5. [値] フィールドの横にある [描画] アイコンをクリックし、値の周囲に四角形を描画することで繰り返しセクションの値を個別にマップします。値が検証ウィンドウで自動検出されます。手動で入力するか、ドキュメントビューでラベルを選択することで、繰り返しセクションの [ラベル] フィールドをマップします。中央の検証パネルで抽出された値を確認します。
    注: マッピングされたフィールドに複数の SIR がある場合は、いずれかの SIR を選択して、[ラベル] フィールドにキーワード全体を追加します。たとえば、「請求書」と「番号」という 2 つの SIR がある場合は、[ラベル] フィールドにキーワード「請求書番号」全体を追加します。
  6. [保存して閉じる] をクリックします。
    注: マッピングを受け入れると、フィールドの値領域が自動的に検出され、値はフィールドに対して浮動のままとなります。別のドキュメント タイプでは、フィールドの値が別の場所に表示されている場合でも、値が検出されることがあります。
フィードバックを送る