Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

デザイン パネル

  • 更新済み: 5/20/2019
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

デザイン パネル

Designer では、自動マッピングされたフィールドやテーブル列が開き、新しいフィールドやテーブルを追加して既存のマッピングを編集できます。また左パネルには、名前、形式、要件が見つかるフィールド リスト ヘッダーが表示されます。

  1. 左パネルのフィールドをクリックすると、選択したフィールドとその値が中央パネルに表示されます。中央パネルでは、マッピングが完了したフィールドは、パネル上の緑色のチェックアイコンで識別できます。
  2. 描画 アイコンを使用して、ドキュメント内のシステム識別領域 (SIR) で適切な値を選択/再選択します。これは、ドキュメントの右パネルにある青いボックスのテキストセグメントで示されます。
    注: 青いボックスのテキスト セグメントには、ドキュメント内で選択した領域のサイズを変更するための境界ハンドルがあります。
  3. 次に、抽出するデータに列やテーブルを追加および定義して、Bot のデザインを作成します。
注: 自動マッピングの範囲は、テキスト セグメンテーションやフィールドの光学式文字認識 (OCR) の品質、およびラーニングインスタンスの基盤となるドメインに関連した分類度によって異なります。また、アルゴリズムの意思決定論理にも依存します。
フィードバックを送る