Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot トライアルのクイックスタートガイド

  • 更新済み: 5/20/2019
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

IQ Bot トライアルのクイックスタートガイド

IQ Bot はユーザーまたはリモート プロセス オートメーション (RPA) タスクによってアップロードされた TIFF、PNG、JPG などの画像や PDF などのドキュメントを保管し、そこから構造化データを抽出します。IQ Bot のトライアルサイトでは IQ Bot を作成し、コグニティブ オートメーションの利便性を体験できます。

IQ Bot の使用を開始

IQ Bot のトライアル サイトを使用するには、初めに IQ Bot トライアル サイトに登録し、ようこそメールに記載された認証情報でログインします。

IQ Bot トライアル サイトでは、以下のタスクを実行できます。

  • ラーニング インスタンスを作成
  • ラーニング インスタンスに請求書ドキュメントをアップロード
  • 請求書ドキュメントを学習させる
  • データを CSV ファイルにエクスポート

IQ Bot にドキュメントをアップロードすると何が起きますか。

  1. IQ Bot が、請求書ドキュメントなどの構造化データをラーニング インスタンスで読み込みます。
  2. 請求書ドキュメントを、コンテンツ レイアウトや内容の類似性に基づき、IQ Bot で 1 つまたは複数グループにカテゴリ化します。
  3. IQ Bot に学習させ、データをドキュメントから CSV ファイルへと抽出します。
フィードバックを送る