Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

移行ユーティリティを使用したラーニングインスタンスのインポートおよびエクスポート

  • 更新済み: 6/28/2020
    • 11.3.x
    • 管理
    • IQ Bot

移行ユーティリティを使用したラーニングインスタンスのインポートおよびエクスポート

IQ Bot 移行ユーティリティを使用してラーニングインスタンスを IQ Bot インストール間でエクスポート/インポートすれば、ラーニングインスタンスを再度作成する必要がなくなります。

ラーニングインスタンスに関連付けられているドキュメント グループ、bots、およびすべてのラーニングがエクスポートされます。ステージング中に bots をトレーニングするために使用されるトレーニング ドキュメントもエクスポートされます。ただし、実稼働ドキュメントはエクスポートされません。
注:
  • ラーニングインスタンスをエクスポートしてバックアップを作成します。
  • ラーニングインスタンスをインポートする前に、データベースをバックアップしておきます。
  • 情報が失われるのを防ぐため、正しいインポート オプションを選択します。
  • 移行がカスタム ドメインを使用して作成されたラーニングインスタンスに関連する場合は、Automation Anywhere Enterprise サポートに連絡してください。
  • ソースおよび保存先システムが同じ IQ Bot バージョンで動作していることを確認してください。異なる IQ Bot バージョンからのラーニングインスタンスは、データベース スキーマが一致しないため、インポートできません。

IQ Bot 管理者権限がある場合は、[IQ Bot] > [管理者] > [移行] に移動します。移行ユーティリティのページに、利用可能なすべてのラーニングインスタンスのリストが表示されます。

フィードバックを送る