Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Version 11.3.4 から Version 11.3.4.x パッチへのアップグレード

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

IQ Bot Version 11.3.4 から Version 11.3.4.x パッチへのアップグレード

IQ Bot バージョン 11.3.4.x パッチを IQ Bot Version 11.3.4 システムにインストールします。

前提条件

  • IQ Bot Version 11.3.4 がインストールされていることを確認してください。

    このパッチにはベース リリースとして Version 11.3.4 が必要です。

  • デスクトップ ショートカットを保持するには、次の手順を実行します。
    1. IQ Bot インストール ディレクトリに移動します。
    2. [Cognitive Platform] インターネット ショートカットを右クリックし、[プロパティ] > [Web ドキュメント] に移動して、URL をコピーします。

      後でこれを使用して、IQ Bot パッチのインストール後に Version 11.3.4.2 を起動できます。

    3. IQ Bot Version 11.3.4.1 パッチをアンインストールします。
    4. Version 11.3.4.2 パッチをインストールします。
    5. コピーした URL を使用して IQ Bot Version 11.3.4.2 を起動します。

      IQ Bot デスクトップのショートカットは編集できません。IQ Bot Version 11.3.4.2 を開くには、コピーした URL を使用する必要があります。

    または、IQ BotControl Room に登録した後、http://controlroom-URL/IQBot または https://controlroom-URL/IQBot を使用して IQ Bot アプリケーションにアクセスできます。

  • Version 11.3.4.1 パッチがインストールされている場合は、Version 11.3.4.2 パッチをインストールする前にアンインストールする必要があります。
  • AA_IQBOT_Update_11.3.4.x.exe パッチ インストーラーがダウンロードされていることを確認してください。

インストール中、インストーラーはすべての IQ Bot サービスを停止し、インストール完了後に再起動します。

手順

  1. AA_IQBOT_Update_11.3.4.x.exe ファイルをダブルクリックして、インストール ウィザードを起動します。
    重要: 管理者としてインストーラーを実行します。
  2. セットアップ ウィザード のウェルカム画面で、更新 をクリックしてインストール プロセスを開始します。
    インストーラー ウィンドウの 完了 画面は、IQ Bot パッチが正常にインストールされたことを示します。
  3. 完了をクリックしてインストーラーを終了します。
  4. すぐにシステムを再起動する場合は [はい] をクリックします。後で再起動するには [いいえ] をクリックします。
    Recommendation: インストールが完了したら、システムを再起動します。

次のステップ

IQ Bot サービスをサービス アカウント ユーザーで動作するように構成している場合は、バージョン 11.3.4.x パッチをインストールすると、その設定が削除されます。そのため、このサービスはローカル ユーザーとして動作します。パッチをインストールして、サービスを再度インストールしたら、以下の手順に従って、各サービスを適切なアカウント ユーザー資格情報に再構成します。

  1. [スタート] > [サービス] の順に移動します。
  2. 各サービスを右クリックし、[プロパティ] > [ログオン] > [このアカウント] を選択して、適切なサービス アカウント ユーザーに変更します。
フィードバックを送る