Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

システムを IQ Bot 5.3.x から 6.0.x へアップグレード

  • 更新済み: 10/31/2019
    • 11.3.x
    • 管理
    • IQ Bot

システムを IQ Bot 5.3.x から 6.0.x へアップグレード

システムを IQ Bot 5.3.x から 6.0.x へとアップグレードする方法を見つけます。

前提条件

以下の手順を、IQ Bot 5.3.x がインストールされたマシンで実行します。

注: HTTPS 用に有効な PFX 形式の証明書を保管します。
以前の IQ Bot バージョンから現在のバージョンへアップグレードした後に、既存の TaskBot を使用して出力 CSV を読み取っている場合は、CSV から読み取るコマンド のエンコーディングを UTF-8 に変更します。IQ Bot 5.3.x では、RPA タスクが UTF-8 文字を読み取ることができるように出力フォーマットが更新されています。

CSV/テキストファイルから読み取る

ロード バランサーで IQ Bot を設定した場合、Automation Anywhere のコグニティブ プロジェクト サービスには管理者としてログオンし、移行ユーティリティ用にすべてのノードへのアクセスが可能であることを確認します。

手順

  1. Control Roomプログラムの追加と削除から、IQ Bot 5.3.x をアンインストールします。
  2. RabbitMQ と Erlang をアンインストールします。
  3. 次に、カスタムモードで IQ Bot 5.3.x をインストールします。
    HTTPS ベースのインストールの場合は、PFX 形式の証明書を追加します。
  4. ロード バランサーのポートを 8100 から 3000 に変更します。デフォルトのポート番号は前の画面から選択されます。
    外部ロード バランサーがインストールされている場合は、ポート番号を変更します。
  5. インストール中には自動設定されるため、残りの設定を保持してインストールを完了させます。
  6. これで移行の完了です。

次のステップ

IQ Bot を起動します。
フィードバックを送る