Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

インポート オプション

  • 更新済み: 6/22/2020
    • 11.3.x
    • 管理
    • IQ Bot

インポート オプション

各インポート オプションが与える影響について確認します。

この表は、先のセクションに記された 4 つのインポートオプションを使用して、ラーニングインスタンスが与える影響について説明しています。
ファイル インポート前のシステム (保存先) インポート ファイル (ソース) ファイル インポート後のシステム (保存先)
オプション 1: インポートされたグループやトレーニング済みの bots を追加し、既存のラーニングインスタンスを複製します。 オプション 2: ラーニングインスタンスをインポートし、複製された既存のラーニングインスタンスを無視します。 オプション 3: 複製された既存のラーニングインスタンスを、インポートされたラーニングインスタンスに上書きします。 オプション 4: すべての既存のラーニングインスタンスを消去し、インポートされたラーニングインスタンスに置き換えます。
L1 L1 L1 + L1 L1 L1 + L1 L1
L2 L2 L2 + L2 L2 L2 + L2 L2
L3 L3 L3 L3
L4 L4 L4 L4 L4
L5 L5 L5 L5 L5
L1=ラーニングインスタンス L2=ラーニングインスタンス 2

下表は、インポート オプションの詳細を示しています。4 つのインポート オプションを使用した場合のラーニングインスタンス、グループ、ドキュメント、Bot に与える影響が説明されています。

IQBA ファイルをインポートする前のシステム (保存先) インポート IQBA ファイル (ソース) IQBA ファイルをインポートした後のシステム (保存先)
ラーニングインスタンス 1 (LI1) ラーニングインスタンス 1 (LI1) ラーニングインスタンス 1 (LI1) ラーニングインスタンス 1 (LI1) ラーニングインスタンス 1 (LI1) ラーニングインスタンス 1 (LI1)
オプション 1: インポートされたグループや訓練を受けた Bot を追加し、既存ラーニングインスタンス LI1 を複製します。 オプション 2: ラーニングインスタンスをインポートし、複製された既存ラーニングインスタンス LI1 を無視します。 オプション 3: 複製された既存ラーニングインスタンスを、インポートされたラーニングインスタンス LI1 に上書きします。 オプション 4: すべての既存のラーニングインスタンスを消去し、インポートされたラーニングインスタンス LI1 に置き換えます。
グループ ファイル Bot グループ ファイル Bot グループ ファイル Bot グループ ファイル Bot グループ ファイル Bot グループ ファイル Bot
G1 F1、F2、F3 B1 G1 F1, F2, F3 B1 G1 F1、F2、F3 B1 G1 F1、F2、F3 B1 G1 F1, F2, F3 B1 G1 F1, F2, F3 B1
G2 F4 B2 G2 F4, F10 G2 F4, F10 B2 G2 F4 B2 G2 F4, F10 G2 F4, F10
G3 F11, F12 B3 G3 F11, F12 B3 G3 F11, F12 B3 G3 F11, F12 B3
G4 F5、F6 G4 F5 G4 F5、F6 G4 G4 F5、F6 G4 F5, F6 G4 F5
G5 F7、F8、F9 B5 G5 F7、F8、F9 B5 G5 F7、F8、F9 B5 G5 F7、F8、F9
G6 F13, F14 B6 G6 F13, F14 B6 G6 F13, F14 B6 G6 F13, F14 B6
ラーニングインスタンス=L1 グループ=G ファイル=F Bot=B
フィードバックを送る