Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot のインストール要件

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot のインストール要件

環境に IQ Bot をインストールするために必要なハードウェア、ソフトウェア、データベースの互換性、構成などを確認します。IQ Bot をインストールする前に、インストール前のチェックリストに従ってください。

ハードウェア要件

重要: 前提条件のステップとして、ポート 4369 と 25672 を開き、各ターゲット マシンでこれらのポートへのトラフィックを許可するため、ファイアウォールの受信規則を追加します。クラスターにノードを追加するには、RabbitMQ Cookie を同期して RabbitMQ コマンドの実行を有効にします。IQ Bot がターゲットマシンにすでにインストールされている場合は、既存の Cookie をクリーンアップして削除します。
IQ Bot ハードウェア/ソフトウェア要件
IQ Bot をインストールする前には、次のハードウェア/ソフトウェア要件に留意してください。
IQ Bot バージョンの互換性対応表
インストールまたはアップグレードする前に、IQ Bot のバージョンが Control Room と互換性があることを確認してください。
IQ Bot オペレーティング システムの互換性
管理者権限を持つローカル プロフィールとして、IQ Bot をインストールします。下表には、さまざまな IQ Bot リリースとの互換性があるオペレーティング システムに関する情報が提供されています。
IQ Bot データベースの互換性対応表
この表には、さまざまな IQ Bot リリースとの互換性があるデータベースに関する情報が示されています。

前提条件

IQ Bot の前提条件ステップ
IQ Bot のインストールを開始する前に手順を実行します。
IQ Bot サービスの設定
導入した一部の IQ Bot では、サービス アカウントがログイン アカウントと異なる場合があります。管理者はインストール中にサービスの資格情報を入力します。
IQ Bot Windows サービス
IQ Bot Windows サービスは、インストールとセットアップを実行すると自動的にインストールされます。
RabbitMQ および Erlang/OTP のアップグレード
IQ Bot Version 11.3 のインストール パッケージには、最新バージョンである RabbitMQ バージョン 3.7.17 と Erlang/OTP バージョン 22.0 が含まれています。
インストール制限
IQ Bot をインストールする前にインストールの制限事項を確認します。
クラスター モードで をインストールするための要件
IQ Bot をクラスター モードで設定するには、前提条件を満たす必要があります。
エクスプレス モードで IQ Bot をインストールするための要件
IQ Bot をエクスプレス モードで設定するには、前提条件を満たしている必要があります。
フィードバックを送る