Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Windows サービス

  • 更新済み: 5/12/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot Windows サービス

IQ Bot Windows サービスは、インストールとセットアップを実行すると自動的にインストールされます。

IQ Bot のインストールする時には、以下の Windows サービスが設定されていることを確認します。
サービス名 説明
Automation Anywhere Cognitive エイリアス システムでドメイン、ドメイン ディクショナリ、エイリアス、言語サポートを管理する IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive アプリケーション すべての Control Room の統合ポイントと IQ Bot のアプリケーション構成に関する情報をサポートする IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive クラシファイア ラーニング インスタンス内のドキュメントを異なるグループに分類するようにサポートする IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive コンソール IQ Bot のユーザー インターフェースです。
Automation Anywhere Cognitive ファイル マネージャー ファイル管理システム内のドキュメントを管理する IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive Gateway-2 IQ Bot のすべてのバックエンドサービスの IQ Bot ゲートウェイで、API の要求/応答に関する承認や検証を処理します。
Automation Anywhere Cognitive MLScheduler Service ML Web サービス用の IQ Bot サービス スケジューラーです。
Automation Anywhere Cognitive MLWeb Service ユーザー検証に基づきモデルを準備する IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive プロジェクト ラーニング インスタンスを管理する IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive レポート IQ Bot ダッシュボードです。
Automation Anywhere Cognitive Validator 検証用のドキュメントを管理する IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive VisionBot Manager システム内のビジョン Bot を管理する IQ Bot サービスです。
Automation Anywhere Cognitive VisionbotEngine Service 提供された異なる入力に基づきドキュメントを処理する IQ Bot サービスです。
注: すべてのサービスは、IQ Bot をカスタム モードでインストールするときに、ローカル システム アカウントまたはドメイン アカウントで設定できます。IQ Bot をエクスプレス モードでインストールすると、すべてのサービスはローカル システム アカウントで実行されます。
フィードバックを送る