Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Google Vision API OCR エンジン用の独自のライセンスキーの使用

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

Google Vision API OCR エンジン用の独自のライセンスキーの使用

Google Vision API OCR エンジン サブスクリプションの独自のキーを使用できます。

ユーザーは、自分の Google Vision API の認証を使用できます。その場合、Google Cloud Application Default Credentials (ADC) を作成して ADC JSON ファイルの内容を GoogleVisionOCREngineSettings.json の「ADCJson」フィールドにコピーする必要があります。
注: リンクを使用して Google Vision APIGoogle Cloud Application Default Credentials を作成します。https://cloud.google.com/docs/authentication/production

Google Vision API OCR エンジンに独自のキーを使用するには、次の手順に従います。

手順

  1. デフォルトでは、IQ Bot の暗号化された Google Vision API サブスクリプション キーが使用されます。自分の Google Vision API サブスクリプション キーを使用する場合は、C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot <version>Configurations に移動し、Configurations フォルダーの > GoogleVisionOCREngineSettings.json ファイルでキーを指定します。
  2. IQ BotGoogle Vision API の組み込みライセンスを提供しますが、独自のライセンスを使用する場合は、このライセンスを上書きするオプションがあります。適切な API 呼び出しを行うために、以下に示すように ADC JSON ファイルの内容をコピーします。
    
    {
      "ADCJson": {
        "type": "service_account",
        "project_id": "dark-caldron",
        "private_key_id": "9e83979f61cff072d0e0e4f91bf837e6e29bbb",
        "private_key": "-----BEGIN PRIVATE KEY-----\nMIIEvgIBADANBg......----END PRIVATE KEY-----\n",
        "client_email": "vision-test@dark-caldron.iam.gserviceaccount.com",
        "client_id": "105342202023265468399",
        "auth_uri": "https://accounts.google.com/o/oauth2/auth",
        "token_uri": "https://oauth2.googleapis.com/token",
        "auth_provider_x509_cert_url": "https://www.googleapis.com/oauth2/v1/certs",
        "client_x509_cert_url": "https://www.googleapis.com/robot/v1/metadata/x509/vision-test%40dark-caldron-254807.iam.gserviceaccount.com"
      },
      "EngineType": 2,
      "EnableDebugging": false,
      "DebuggingFolder": "C:\\Users\\Public\\Documents\\Automation Anywhere IQBot Platform\\Logs\\Engine\\Google",
      "HttpTimeoutInSec": 300,
      "EnableCustomParse": false,
      "DistanceThreshold": 15
    }
    
フィードバックを送る