Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

クラスター モードで IQ Bot をインストールするための要件

  • 更新済み: 4/06/2020
    • Automation 360 v.x
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

クラスター モードで IQ Bot をインストールするための要件

IQ Bot をクラスター モードで設定するには、前提条件を満たす必要があります。

クラスターを設定するには、次の操作を行います。

手順

  1. 各アプリケーションのサーバー ノードでインストーラーを実行します。
  2. アクセスロールを持つすべての人物出力フォルダーを共有します。
  3. RabbitMQ クラスタ設定ガイドに記載されている適切なコマンド ライン引数を使用して、インストール後に messagequeue_cluster_configuration.bat を実行します。
  4. IQ Bot を高可用性モードに設定した場合は、Control Room も高可用性モードに設定します。
  5. マルチノード セットアップでは、クラスター構成の RabbitMQ をインストールします。
  6. 4369 と 25672 のポートが開くようにファイアウォールを設定します。
    IQ Bot がインストールされた最初のノードがプライマリ RabbitMQ ノードになります。プライマリ ノードのホスト名は、RabbitMQ のクラスター構成を設定するために使用されます。
  7. すべてのアプリケーション サーバー ノードにトラフィックを分散させるため、クラスタ設定用のロード バランサーがあることを確認します。
  8. SQL Server を高可用性セットアップで構成します。
  9. MS SQL Server が 常にオン モードで設定されていることを確認します。
フィードバックを送る