Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Microsoft Azure Computer Vision OCR engine の使用

  • 更新済み: 9/30/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot
    • API ドキュメント

Microsoft Azure Computer Vision OCR engine の使用

IQ Bot Version 6.5.2 以降のインストールでは Microsoft Azure Computer Vision OCR engine の一部のインストール ステップが自動化されます。

注: IQ Bot Version 6.5.2 は限定リリースのため、顧客またはパートナー ポータルには一覧表示されていません。アクセスするには、Automation Anywhere の代表者にお問い合わせください。
  • Microsoft Azure Computer Vision OCR engineIQ Bot Version 6.5.2 以降からすべてのお客様にご利用いただけます。
  • これはクラウド OCR エンジンです。
  • データは保存されず、直ちに削除されます。

    データ保持のプライバシーに関する詳細については、Microsoft Azure Cognitive Services を参照してください。

以下の例のセクションで、Microsoft Azure Computer Vision OCR engine を使用するために許可されているサービス URL のリストを参照してください。

注: ラーニングインスタンスの作成時に、任意の言語を IQ Bot のドロップダウン リストから選択できます。処理中に、OCR エンジンはプライマリ言語の自動検出を試み、ユーザーによる選択内容をオーバーライドできます。たとえば、英語を指定できますが、スペイン語をアップロードすると、API はスペイン語を処理しようとします。
Microsoft Azure Computer Vision OCR engine は、データ抽出によって約 18% STP と 80% の精度を実現します。
ヒント: 品質が低いドキュメントや手書きのドキュメントから IQ Bot でデータを抽出できない場合は、問題のトラブルシューティングを行います。

IQ Bot unable to extract data from low quality and Handwritten documents (A-People login required)

手順に従って、Settings.txt ファイルを構成し、Microsoft Azure Computer Vision OCR engine を使用します。

手順

  1. IQ Bot サーバーがインターネットに接続できること、および外部 DNS 名前解決に対応していることを確認します。
    デフォルトポート = 443: default endpoint = https://aai-iq-bot-ocr.cognitiveservices.azure.com/ で API エンドポイントの通信を有効にします。
    注: API エンドポイントへの接続を検証するには、サーバー上の Web ブラウザを開き、API エンドポイントの完全な URL を入力します。ブラウザが「404 エラー」を返した場合、API エンドポイントからの応答が受信されました。
  2. 独自の Microsoft Azure Computer Vision OCR engine サブスクリプションまたはスペルチェック キーを使用することもできます。詳細については、「Microsoft Azure Computer Vision OCR engine での独自のキーの使用」をご覧ください。
  3. C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot <version number>\Configurations フォルダーから Settings.txt ファイルを開いて、OCR エンジンの値を OCREngine=Tesseract4 に、または OCREngine=AbbyyOCREngine=MicrosoftAzureAPI に変更します。ファイルを保存します。
  4. C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot\Configurationsstopanduninstallallservices.bat ファイルを実行します。
    要確認: サービスを停止し、installandstartallservices.bat ファイルを実行して、サービスをインストールおよび起動します。
  5. IQ Bot でラーニングインスタンスを作成し、Microsoft Azure Computer Vision OCR engine をテキストのセグメンテーション用に使用し、OCR エンジンをこれらのラーニングインスタンス用に使用します。
    同時に、これらのラーニングインスタンスに対して、ドキュメント分類、自動マップ フィールド、認識抽出、フィールド値自動修正のための IQ Bot の機能を引き続き使用します。
Microsoft Azure Computer Vision OCR engine に使用されるサービス URL のリスト (オプション)
必要に応じて、次の許可された URL を使用します。
注: すべての URL は、米国のグローバル サービス リージョンを指しています。
  • https://aai-iq-bot-ocr.cognitiveservices.azure.com/
  • https://aai -iq-bot-ocr-spellcheck.cognitiveservices.azure.com/
フィードバックを送る