Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot のインストール

  • 更新済み: 6/08/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot のインストール

このページは、IQ Bot のインストールに関連するトピックを集めたランディング ページです。インストール タイプとその方法の詳細については、次のトピックを参照して Automation Anywhere IQ Bot をインストールしてください。

IQ Bot インストールの主要タスク

インストール タスク リストに従って IQ Bot をインストールします。
ステップ 1: インストール前
IQ Bot をインストールする前に要件とオプションを確認します。このトピックでは、サポートされているオペレーティング システムに関する重要な情報、ハードウェアとシステムの要件、インストール プロセスを開始する前に完了しておく必要のある前提条件ステップを示します。
IQ Bot のインストール要件
環境に IQ Bot をインストールするために必要なハードウェア、ソフトウェア、データベースの互換性、構成などを確認します。IQ Bot
ステップ 2: IQ Bot のインストール
次のいずれかのインストール オプションを使用して IQ Bot をインストールします。
エクスプレス モードでの IQ Bot のインストール
デフォルト設定を使用して、エクスプレス モードで IQ Bot をインストールします。
IQ Bot カスタム インストール
カスタム モードを使用して、構成の詳細とともに IQ Bot をインストールします。
クラスター モードでの IQ Bot のインストール
スループットを向上させるには、クラスター モードで IQ Bot をインストールします。
IQ Bot がプレインストールされたマシンでのクラスター モードでの IQ Bot のインストール
マシンに IQ Bot がすでにインストールされている場合は、IQ Bot をアンインストールして、RabbitMQ サービスを停止し、既存の RabbitMQ Cookie を消去した後に IQ Bot をクラスター モードでインストールします。
Amazon EC2 にクラスター モードで IQ Bot をインストール
Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) にクラスターモードで IQ Bot をインストールします。
ステップ 3: インストール後
ダウンロードした IQ BotControl Room に登録して、必要に応じて構成を行います。また、チェックリストを使用して、サービス、データベース、テーブル、および構成がすべて設定されていることを確認します。
IQ Bot インストール後の設定
IQ Bot のインストールが完了したら、構成を行って、Control Room への登録、すべての必須データベースの作成の確認、適切な証明書の作成、HTTP および HTTPS の設定、タスクを実行するための承認トークンの生成、インストール後チェックリストを使用したタスク完了の確認を行います。
ステップ 4。。検証
IQ Bot 固有のユーザーを作成して Control Room に登録し、必要に応じてその他の検証アクションを実行します。
IQ Bot インストール後の検証
IQ Bot のインストールとインストール後のタスクを完了したら、IQ Bot 固有のロールを作成し、ライセンスなしで Validator にアクセスし、デバイス ライセンスなしで製品にアクセスして、ラーニングインスタンスに対するロール ベースのアクセス制御のための権限について理解して、インストールを検証します。
IQ Bot のアップグレードとアンインストール
シームレスでスムースなプロセスを実行するには、IQ Bot のアップグレードおよびアンインストールの手順に従ってください。
フィードバックを送る