Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

インストール制限

  • 更新済み: 11/05/2019
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

インストール制限

IQ Bot をインストールする前にインストールの制限事項を確認します。

データベース暗号化の制限

SQL データベースのバックアップ ファイルを暗号化する場合に加え、データベースのバックアップ ファイルのサイズが大きくなる場合にも、インストールにかかる時間が長くなります。

SQL データベースの暗号化プロセスでは、大きなトランザクション ログが作成される場合があります。データベースのバックアップ ファイルのサイズよりも、少なくとも 3 〜 4 倍多いディスク容量を割り当てます。

IQ Bot は、Microsoft Azure SQL PaaS とのベーシックな互換性についてテスト済みです。ただし Version 6.5 のリリースでは、次の場合の機能は完全には検証されていません。

  • Active Directory で構成された IQ Bot サービス
  • HTTP で保護された IQ Bot Portal
  • クラスター モードで動作している IQ Bot
  • Microsoft Windows 認証を使用したデータベース接続
  • NT 権限/システム ユーザーがシステム管理者権限を持っている場合のみの、ローカル システムでの Microsoft Windows 認証。
  • リモート SQL Server を使用してデータベースを作成した場合、サービス資格情報用のローカル システム アカウントや、SQL 接続用の Microsoft Windows 認証を組み合わせて使用することはできません。
フィードバックを送る