Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot がプレインストールされたマシンでのクラスター モードでの IQ Bot のインストール

  • 更新済み: 6/11/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot がプレインストールされたマシンでのクラスター モードでの IQ Bot のインストール

マシンに IQ Bot がすでにインストールされている場合は、IQ Bot をアンインストールして、RabbitMQ サービスを停止し、既存の RabbitMQ Cookie を消去した後に IQ Bot をクラスター モードでインストールします。

前提条件

  • ポート 4369 と 25672 を開き、各ターゲットマシンでこれらのポートへのトラフィックを許可するため、ファイアウォールの受信規則を追加します。
  • クラスターにノードを追加するには、RabbitMQ Cookie を同期して RabbitMQ コマンドの実行を有効にします。IQ Bot がターゲットマシンにすでにインストールされている場合は、既存の Cookie をクリーンアップして削除します。
クラスターを設定する前に、次のクリーンアップ手順に従います。

手順

  1. プログラムと機能から IQ Bot をアンインストールします。
  2. 次のコマンドを実行して RabbitMQ サービスを停止します。net stop RabbitMQ /yes
  3. RabbitMQ%Programfiles%\RabbitMQ Server\uninstall からアンインストールします。
  4. 次のコマンドを実行して、epmd.exe とその派生物を停止します。Taskkill /IM epmd.exe /F
  5. 次のコマンドを実行して、erl.exe および erlsrv.exe とその派生物を停止します。
    1. Taskkill /IM erl.exe /F
    2. Taskkill /IM erlsrv.exe /F
  6. Erlang%Programfiles%\erl8.2\Uninstall からアンインストールします。
  7. 次のフォルダーがアンインストール時に削除されていない場合は削除します。
    1. %Programfiles%\Rabbit MQ Server
    2. %Programfiles%\erl8.2
  8. 次のフォルダーを削除します。%appdata%\RabbitMQ%WINDIR%\.erlang.cookie%USERPROFILE%\.erlang.cookie

次のステップ

インストール ステップが完了した後で次の操作を実行します。
  • 次のロード バランサーの詳細が表示されます。
    • ロード バランサーの名前
    • ポート
    • 使用されているセキュリティのタイプ (HTTP や HTTPS など)
  • 出力パスの設定用にフォルダーを共有します。
    注: IQ Bot をインストールするユーザーには、適切なアクセス権が必要です。
フィードバックを送る