Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

カスタム モードで IQ Bot をインストール

  • 更新済み: 6/25/2021
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

カスタム モードで IQ Bot をインストール

カスタム モードを使用して、構成の詳細とともに IQ Bot をインストールします。

手順

  1. Automation_Anywhere_IQ_BOT_<version_number>.exe インストール ファイルを管理者として実行します。
  2. IQ Bot Version 6.5 以降のすべてのインストールは、Microsoft SQL Server 2012 Native Client - QFE が自動的にインストールされます。
    初回インストール時は、インストール後にサーバーの再起動が必要になる場合があります。必要に応じて、IQ Bot インストール プロセスを再開します。
  3. Automation Anywhere IQ Bot セットアップ ウィザードで [次へ] をクリックします。
    1. [前提条件] ウィンドウで[次へ]をクリックします。
  4. 使用許諾契約を読み、同意して [次へ] をクリックします。
    IQ Bot は、インストール前の検証を実行します。

    プレインストール画面が表示され、必要なバージョンと必要なポートがないアプリケーションと、それらのポートを占有しているサービスが表示されます。

  5. インストール前の検証が成功しない場合は、上記のソフトウェアをアンインストールし、必要なポートを解放します。
    1. [再試行] をクリックします。
    2. インストール前の検証が正常に完了したら、[次へ] をクリックします。
    [インストール タイプ] ページが [エクスプレス] および [カスタム] オプションとともに表示されます。
    注: エクスプレス インストールでは、Active Directory をサポートせずに HTTP ベースの IQ Bot がインストールされます。
  6. [カスタム] オプションを選択し、[次へ]をクリックします。
  7. [データベース設定] ウィンドウで、以下の詳細情報を追加します。
    1. ホスト名または IP: ホスト名または IP アドレスを入力します。
      注: ホスト名にアンダースコアは使用できません。
    2. ポート: ポート番号を入力します。
      注: Microsoft Windows SQL Server Express データベースがローカルのターゲット マシンにインストールされている場合は、「localhost」というホスト名が自動的に入力され、ポートが 1433 に設定されます。
  8. [データベース構成] ウィンドウで以下のデータベース サーバーの詳細情報を入力し、[次へ] をクリックします。
    オプション説明
    オプション 1 Microsoft Windows SQL Server のユーザー資格情報を入力して、データベース サーバーにログインします。
    オプション 2 [Windows 認証を使用] チェックボックスを選択した場合は、Microsoft Windows の資格情報がインストーラーによって自動的に検出されるため、データベース サーバーへのログイン時に資格情報を入力する必要はありません。
    以下の場合は、「指定された構成では SQL Server に接続できません」というエラー メッセージが表示されます。
    • サーバー名/IP アドレスとポート番号が正しくない
    • データベース サーバーの資格情報が正しくない
    • データベースに接続するユーザー権限が不十分です
    Notes:
    • IQ Bot をインストールするとき、Microsoft Azure SQL PaaS 上で新しいホスト データベースの資格情報を構成します。資格情報の検証が完了して次の画面に移動するまでに 最大 300 秒かかることがあります。ただし、インストール前に IQ Bot 用のオンプレミス データベースがすでに Microsoft Azure に移行されている場合は、データベースの構成中に遅れが生じることはありません。
    • IQ BotMicrosoft Azure SQL PaaS の再試行ロジックをサポートしていません。Microsoft Azure SQL データベースの定期メンテナンス イベント中に IQ Bot を操作することは避けてください。
    • IQ Bot やデータベースインスタンスがすでに存在し、IQ Bot が再インストールされている場合、IQ Bot はインストール中にデフォルトのデータベースインスタンスを使用します。
    • ローカルシステムでの Windows 認証は、NT AUTHORITY/SYSTEM ユーザーがシステム管理者権限を持っている場合のみ機能します。
    • リモート SQL Server を使用してデータベースを作成した場合、サービス資格情報用のローカルシステムアカウントと、SQL 接続用の Microsoft Windows 認証を組み合わせて使用することはできません。
  9. [サービス構成] ウィンドウで [ローカル システム アカウント] チェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
    • [ローカル システム アカウント] チェックボックスをオンにして、ローカル システム アカウントでサービスを実行します。
    • [ローカル システム アカウント]チェックボックスを選択しない場合は、IQ Bot サービスを実行するためのユーザー資格情報を入力します。
      • 有効なシステム管理者ユーザーの場合、サービス ユーザーの資格情報を使用した Windows 認証が必要です。
      • ユーザー認証情報を入力する際は、資格情報がドメインに関連付けられていることを確認してください。例: example.com/testuser ユーザーは、ドメインなしでこの機能を利用することはできません。
  10. IQ Bot[ポータルの構成] ウィンドウに以下の詳細情報を入力し、[次へ] をクリックします。
    ポータルのセキュリティ
    セキュリティ タイプを選択します: HTTPS または HTTP
    [HTTPS] を選択した場合、参照できることを確認し、[証明書パス] フィールドから有効な PFX 証明書ファイルを選択します。

    IQ Bot を HTTP および HTTPS で設定

    [HTTP] を選択した場合は、次のステップに進みます。
    [証明書パスフレーズ] フィールドから有効な証明書のパスフレーズを入力します。
    ポータルの構成
    ホスト名または IP IQ Bot のホスト名または IP アドレスを入力するか、IQ Bot をインストールするマシンの完全修飾ドメイン名 (FQDN) である、デフォルトで自動入力されたものを使用します。
    注: これはデフォルトでは、IQ Bot をインストールするマシンの FQDN が自動入力されます。
    ポート ポート番号を入力するか、デフォルトで自動入力された 3000 を使用します。
  11. [ロード バランサー設定] ウィンドウで次の操作を行います。
    1. IQ Bot[ポータル設定] ウィンドウで先に指定したロード バランサーのホスト名とポート番号と同じものを使用するには、[IQ Bot ポータルと同じものを使用] チェック ボックスを選択します。このチェック ボックスはデフォルトで選択されています。以下のいずれかの条件が当てはまる場合、このチェック ボックスは選択したままにします。
      • IQ Bot を 1 台のマシンにインストールする。
      • ロードバランサーの設定を IQ Bot ページと同じにものにする。
    2. ロードバランサーの設定値が IQ Bot と異なる場合は、[IQ Bot ポータルと同じものを使用する] チェック ボックスの選択を解除し、以下の操作を実行します。
      • ロード バランサーのホスト名: ホスト名または IP アドレスを入力します。
      • ロード バランサーのポート: ポート番号を入力します。
    3. 必要に応じて、[ロードバランサーは SSL オフロードの処理が可能] チェック ボックスを選択し、[次へ] をクリックします。
      注: ロード バランサーを設定すると、IQ Botポータルの構成 ウィンドウでセキュリティ モードを HTTPS に設定した場合、SSL オフロードはデフォルトで無効になります。ロード バランサーの SSL オフロードを有効にするには、IQ Botポータルの構成 ウィンドウで HTTP を選択します。
      その他のロード バランサー カスタマイズ オプションは次のとおりです。
      • AWS に IQ Bot をインストールした場合、外部から IQ Bot サーバーにアクセスするにはホスト ゲートウェイ名をパブリック DNS に置き換えます。
      • 再インストール中、ロード バランサーのホスト名とポートは、Control Room に保存されている以前のインストール情報から自動検出されます。これらの設定は必要に応じて変更します。これは、(各インスタンスの詳細を記録する必要がないため) スケーラビリティ用に IQ Bot の複数のインスタンスをインストールする際に役立ちます。
      • ロード バランサーでマシンのホスト名 (FQDN) とは異なるエイリアス名の HTTPS 証明書を使用する場合は、そのエイリアス名をホスト名として入力します。
      • インストーラーは以前の IQ Bot Portal[構成] ウィンドウ (以前のページ) の値を使用しますが、Control Room で無効になったテキスト ボックスに以前取得した値を表示します。
  12. [移動先フォルダー] ウィンドウで、保存先フォルダーに必要な変更を加えて [次へ] をクリックします。
    • インストール パス: 必要に応じて別のインストール パスを選択します。

      デフォルトのインストール パスは次の通りです。C:\Program Files(x86)\Automation Anywhere IQ Bot <version number>\

    • 出力パス: 出力されたものが保管される出力パスを選択します。出力パスは共有ネットワーク パスにもなります。再インストールの場合、出力パスは、以前のインストール時に IQ Bot の構成データベースに格納された詳細情報に基づき、インストーラーによって自動検出されます。必要に応じて詳細情報を変更します。

      デフォルトの出力パスは次のとおりです。C:\Users\Public\Documents\Automation Anywhere IQ Bot Platform\Output

  13. [プログラムをインストールする準備ができました] ウィンドウでインストール設定を確認・レビューし、[インストール] をクリックしてインストールを開始します。
    • 初回インストールでは、インストール プロセス中に Microsoft Windows セキュリティ警告が表示され Erlang のインストール許可が要求される場合があります。そのようなメッセージが表示された場合は、[アクセスを許可する] をクリックします。
    • [Windows セキュリティ警告] ウィンドウは、他のアクティブなウィンドウの背後に隠れていて表示されないことがあります。Alt + Tab キーを使用して、[Windows セキュリティ警告] ウィンドウが他のウィンドウの背後に隠れていないことを確認します。
  14. [アクセスを許可する] ボタンをクリックしてインストールを完了し、[インストール成功] ウィンドウで [完了] をクリックします。
    IQ Bot アイコンがデスクトップに作成されます。

    IQ Bot の起動でエラーが発生した場合、Automation Anywhere Control Room Reverse ProxyAutomation Anywhere Cognitive Console サービスを再起動する必要がある場合があります。

  15. Control Room については、リリース バージョンの要件に応じて cluster.properties ファイルを設定します。.
    各リリース バージョンに関連付けられた cluster.properties ファイルの詳細については、IQ Bot バージョンの互換性対応表 を参照してください。

次のステップ

Control Room への IQ Bot の登録

IQ BotControl Room に登録します。

フィードバックを送る