Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

サブジェクト代替名を使用した自己署名証明書を作成

  • 更新済み: 6/21/2019
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

サブジェクト代替名を使用した自己署名証明書を作成

複数のドメインに SSL 証明書を使用する場合は、サブジェクト代替名 (SSL) を使用した自己署名証明書を作成する必要があります。

  1. domain.cnf という名前のファイルを作成して、要件に従って次の設定を追加します。

    [req]

    default_bits = 2048

    prompt = no

    default_md = sha256

    x509_extensions = v3_req

    distinguished_name = dn

    [dn]

    C = ES

    ST = MyState

    L = MyCity

    O = MyOrg

    emailAddress = email@mydomain.com (Any email address)

    CN = sss-laptop136.aaspl-brd.com (CR FQDN Url Name)

    [v3_req]

    subjectAltName = @alt_names

    [alt_names]

    DNS.1 = sss-laptop136.aaspl-brd.com (CR FQDN Url Name)

    DNS.2 = sss-laptop151.aaspl-brd.com (IQBOT URL FQDN Name)

  2. OpenSSL ユーティリティをダウンロードします。
  3. Microsoft Windows または Linux のいずれかで証明書を作成します。
    • Microsoft Windows で証明書を作成するには、次のコマンドを実行します。
      openssl.exe req -new -x509 -newkey rsa:2048 -sha256 -nodes -keyout
      "D:\ssc\ssc\key.key" -days 3560 -out "D:\ssc\ssc\cert.crt" -config
      "D:\ssc\ssc\domain.cnf"
    • Linux で証明書を作成するには、次のコマンドを実行します。

      openssl req -new -x509 -newkey rsa:2048 -sha256 -nodes -keyout /tmp/cert/key.key -days 3560
      -out /tmp/cert/cert.crt -config /tmp/cert/domain.cnf
  4. .pfx ファイルを証明書およびキー ファイルから作成します。
    • .pfx ファイルを Microsoft Windows 上の証明書およびキー ファイルから作成する場合は、次のコマンドを実行します。

      openssl.exe pkcs12 -export -out "D:\ssc\ssc\sss-aspl.pfx" -inkey "D:\ssc\ssc\key.key"
      -in "D:\ssc\ssc\cert.crt"
    • .pfx ファイルを Linux 上の証明書およびキー ファイルから作成する場合は、次のコマンドを実行します。

      openssl.exe pkcs12 -export -out /tmp/cert/sss-aspl.pfx -inkey /tmp/cert/key.key -in
      /tmp/cert/cert.crt"
  5. .pfx ファイルを Microsoft IIS にインポートします。

    IQ Bot のインストール時と同じように .pfx ファイルを使用します。

  6. 以下のコマンドを実行して、証明書を Java キーストアにインポートします。
    keytool.exe -import -alias dev -keystore "C:\Program Files
    (x86)\Java\jre1.8.0_91\lib\security\cacerts" -file "D:\cert\xyz.com.crt"

    この C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_91\lib\security\cacerts ディレクトリは、オペレーティング システムのタイプ (32 ビットまたは 64 ビット) によって異なる場合があります。

    証明書が Java キーストアにインポートされていない場合、Control Room では以下のエラーメッセージが表示されます。Java セキュリティ証明書パスバリデータは署名を確認できませんでした

  7. %installation_dir%\Configurations に移動して、管理者として stopanduninstallallservices.bat を実行します。
  8. %installation_dir%\Configurations に移動して、管理者として installandstartervices.bat を実行します。
  9. Microsoft 管理コンソール (MMC) を使用して、cert.crt ファイルを信頼されたルートにインポートします。
フィードバックを送る