Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ラーニングインスタンスを英文の請求書で作成

  • 更新済み: 5/11/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

ラーニングインスタンスを英文の請求書で作成

ラーニングインスタンスを作成して演習し、抽出したデータの精度を向上させます。

たとえば、ラーニング インスタンスは、銀行、保険会社、および製薬会社向けのさまざまなタイプの請求書用に作成されます。ラーニング インスタンスに行ったトレーニングと使用したドキュメントに基づき、抽出データの精度が向上します。

注: ラーニング インスタンスのトレーニングでは、TIFF、JPEG、PNG、PDF など、さまざまな形式の請求書を使用できます。
  1. IQ Bot ポータルを開きます。
  2. [ラーニングインスタンス] > [新規インスタンス] をクリックします。
  3. 次の情報を入力します。
    • インスタンス名: インスタンス名を入力します。たとえば、「ラーニング インスタンス請求書」と入力します。
    • ドメイン: 請求書、すなわちアップロードするドキュメントのドメインを選択します。
    • ファイルの主要言語: ドロップダウンリストからインスタンスの言語を選択します。たとえば、英文の請求書をアップロードする場合は 英語 を選択します。
    • 説明 (任意) ラーニング インスタンスの説明を入力します。
    • ファイルのアップロード元: 参照 をクリックして、ダウンロード先に指定したデスクトップ上のフォルダーから英語の請求書をすべて選択して、開く をクリックします。
      ヒント: TIFF、JPG、PNG ファイルなどの画像フォーマットのほかに、分類や分析用に PDF (ベクターおよびラスター) ドキュメントもアップロードできます。
      注: ラーニングインスタンスの作成/編集中は、最大 12 MB のサイズのファイルをアップロードできます。

    ラーニングインスタンスの作成

  4. [標準的なフォーム フィールド][標準的なテーブル フィールド] セクションから、追加するフォーム フィールドとテーブル フィールドを選択します。

    標準的なフォームとテーブル フォームの選択

  5. [その他のフィールド (任意)] セクションのテキストボックスにフォームフィールド名を入力し、[フォームとして追加] をクリックして、カスタマイズされたフォームフィールドとして追加します。同様に新しいテーブル フィールドを作成し、テーブルとして追加 をクリックします。
  6. インスタンスを作成して分析をクリックして、インスタンスを作成します。

    請求書ドキュメントの分類は、請求書のグループ分けと分析から始まります。IQ Bot はコンテンツ レイアウトが似た請求書ドキュメントや、1 つまたは複数のグループのコンテンツをカテゴリー化します。

    これで、IQ Bot にこのラーニング インスタンスのトレーニングを行う準備が整いました。

フィードバックを送る