Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Community Edition でのラーニングインスタンスの作成

  • 更新済み: 9/18/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

Community Edition でのラーニングインスタンスの作成

IQ Bot は機械学習を活用し、ユーザートレーニングを通して継続的な改善を図ります。まず、ラーニング インスタンスを作成してみてください。

ラーニング インスタンスは、処理の必要があるドキュメント、ドキュメントの言語、各ドキュメントからキャプチャするデータフィールドを定義します。
注: ドキュメントは、以下の様々な形式として使用できます。ラーニング インスタンスをトレーニングするためのTIFF、JPEG、PNG、PDF。

手順

  1. IQ Bot のホームページで ドキュメントの処理を開始 ボタンをクリックし、新しいラーニング インスタンスを作成 ページを表示します。
  2. 新しいラーニング インスタンスの名前を定義します。説明フィールドは任意です。
  3. ドロップダウンリストからドメインまたはドキュメントタイプ、および言語を選択します。
  4. カスタム ドメインを作成するには、[ドキュメント タイプ] > [その他] を選択します。詳しくは、「カスタム ドメイン」をご覧ください。
  5. 参照 ボタンをクリックし、トレーニングするドキュメントをアップロードします。
  6. サンプル ドキュメントをダウンロードして使用することもできます。サンプルドキュメントを使用するにはサンプルドキュメントをダウンロードボタンをクリックし、フォルダーを解凍してサンプルファイルをローカルドライブに保存します。次に 参照 ボタンをクリックし、トレーニングするドキュメントをアップロードします。
  7. 抽出するフィールド で、データを抽出するフィールドを選択します。フィールドを追加するにはその他のフォームフィールドセクションを展開し、その他のフィールドを選択します。
  8. 必要に応じて、共通のテーブルフィールドやその他のテーブルフィールドを選択します。
  9. 次に、ラーニング インスタンスを作成 ボタンをクリックします。
  10. システムはトレーニングドキュメントを分析し、フィールド識別に基づき論理グループに並び替えます。

次のステップ

次にドキュメントでトレーニングし、フィールドマッピングを確認します。
フィードバックを送る