Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

カスタム ドメイン

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

カスタム ドメイン

ドメインには、ドキュメントの言語とドキュメントから抽出されるフィールドに関する情報が格納されています。Community Edition は初期設定の状態で次の 5 つのドメインに対応しています。請求書、発注書、公共料金請求書、銀行取引明細書、与信メモ。これ以外のドキュメント タイプの場合は、カスタム ドメインを作成します。

手順

  1. まず、ラーニングインスタンスを作成して、[ドキュメント タイプ] > [その他] オプションを選択してカスタム ドメインを追加します。
  2. ドメイン名ドキュメントの主要言語を追加します。
  3. サンプル ドキュメントをトレーニング用にアップロードします。
  4. インスタンス フィールドに、トレーニング ドキュメントに表示するラベル名を入力して、抽出が必要な [フォームとして追加] または [テーブル/繰り返しセクションとして追加] を選択します。
    トレーニング ドキュメントに表示されるのと同じフォームおよびテーブル/繰り返しセクション フィールド名を使用します。そうしないと、ドキュメントは未分類のままになります。
フィードバックを送る