Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

HA クラスター設定の概要

  • 更新済み: 5/11/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

HA クラスター設定の概要

Automation Anywhere データセンターをサポートするには、HA クラスターを構成します。データセンターのクラスターを自社の方法と手順に従って実装します。

HA クラスターは、サーバーやサービスに障害が発生した場合にサービスとデータを保護します。以下は、クラスターに関連するプロセスの一覧です。
データベース レプリケーション
プライマリーサイト (アクティブ) とセカンダリーサイト (パッシブ) の MS SQL Server間で同期レプリケーションを設定し、データベースノードに障害が発生した場合の整合性を確保します。
ダウンタイム
ダウンタイムの長さは、管理者がプライマリーサーバーサービスで設定した再起動の試行回数、時間数に対するフェールオーバーの回数、およびフェールバック設定によって異なります。
フェールバック
プライマリ サーバーが正常に復旧したら、ワークロードをセカンダリ サーバーからプライマリ サーバーにフェールバックします。プライマリ サーバーが再びアクティブ サーバーになります。
セカンダリ システムまたはサイトへのフェールオーバーまたは災害復旧の後で、プライマリ システムまたはサイトに操作を復元します。
フェールオーバー
いずれかのプライマリ サーバーに障害が発生した場合、障害が発生したサーバーのワークロードは自動的にクラスター内のセカンダリ サーバーに移行されます。この自動プロセスはフェールオーバーと呼ばれます。フェールオーバーによって、アプリケーションとデータの継続的な可用性が確保されます。フェールオーバーが完了すると、セカンダリ サーバーがアクティブ サーバーになります。
システム (プライマリ) で障害または失敗が検出されると、自動的に複製システム (セカンダリ) に制御が移ります。これは HA クラスターに適用され、1 つのサーバーから別のサーバーへフェールオーバーされます。
グレースフル デグラデーション
障害が生じたプライマリーサイトで、クラスターの依存関係を適切に動作させるプロセスです。
リダンダンシー
HA クラスターでは冗長性を使用して、サーバーやサービスの障害など、単一障害点 (SPOF) を防止します。HAクラスターには、サービスやデータベースをホストするプライマリ (アクティブ) サーバーと、サービスやデータベースの複製コピーをホストするセカンダリ (パッシブ) サーバーがあります。
レプリケーション
セカンダリ サーバーは、プライマリ サーバーと同じ設定およびソフトウェアを持つ、プライマリの複製 (冗長コピー) です。データは、プライマリ サーバーからセカンダリ サーバーに複製 (コピー) されます。

Automation Anywhere の HA と DR をサポートするには、データセンター内の選択したコンポーネントを HA 用に設定します。

注: クラスターのコンテキストでは、サーバー、ホスト、ノードという用語はそれぞれ特定の意味を持ちますが、これらはよく同じ意味で使用されます。
クラスター
クラスターとは、物理的なケーブルとソフトウェアによって接続されたサーバー (ノード) のセットです。HA 環境では、これらのサーバーのクラスターを同じ物理データ センター内に配置できます。
クラスター グループ (ロール)
同時にフェイルオーバーし、相互に依存するクラスター化されたサービスグループです。
ホスト
サービスをホストするクラスターマシンです。
マルチサーバー
ロード バランサーによって管理されるワークロードを使用しで、複数のサーバー間で操作が可能な HA 手法です。これは IQ Bot インスタンスに適用されます。
ノード
クラスター内のマシンの一般的な名称です。
プライマリーノード
クラスター内のアクティブなノード。実稼働のアクティビティが実行されるマシン。これはデータベース サーバーに適用されます。
セカンダリーノード
フェールオーバーの際にターゲットとして指定されているマシン。セカンダリ ノードは、プライマリ ノードのパッシブな複製です。これはデータベース サーバーに適用されます。
サーバー
サーバーのオペレーティングシステムにインストールされたクラスター内のマシンです。
HA クラスター テクノロジーによって、3 つの特定の種類の障害から保護します。
アプリケーションとサービスの障害
これらは、アプリケーションソフトウェアや本質的なサービスに影響を及ぼします。
マルチサイト組織でのサイト障害
これは自然災害、停電、接続停止によって発生します。
システムとハードウェアの障害
これはCPU、ドライブ、メモリ、ネットワークアダプター、電源などのハードウェアコンポーネントに影響を及ぼします。
この障害処理機能により、クラスターは大半のデータセンター環境の一般的な 2 つの要件を満たすことができます。
高可用性
エンドユーザーがサービスにアクセスできる時間で高率に維持し、予定外の停止を軽減させる機能です。
高信頼性
システム障害の頻度を軽減させる機能です。
フィードバックを送る