Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

プロトコル仕様

  • 更新済み: 5/11/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot
    • 概要

プロトコル仕様

2 つの電子機器が相互に接続し、情報の交換を可能にする一連の標準的な規定と要件です。

以下のテーブルには、様々なタスクを可能にするために IQ Bot が使用するプロトコルリストが一覧化されています。

コンポーネントの通信 プロトコル 注記
Microsoft Azure Computer Vision OCR engine HTTPS 次のポートを開きます。443
Google Vision API OCR エンジン TCP 次のポートを開きます。443
ブラウザから Web サーバー HTTPS、REST/JSON 一般的に TLS の終端はファイアウォールになります。
IQ Bot Lite コマンドから Web サーバー HTTP(S)、REST/JSON 一般的に TLS の終端はファイアウォールになります。
Web サーバーからゲートウェイ HTTP(S)、REST/JSON
Web サーバーから Control Room HTTP(S)、REST/JSON 一般的に TLS の終端はファイアウォールになります。
ゲートウェイからマイクロサービス HTTP(S)、REST/JSON
ゲートウェイからメッセージキュー HTTP 今後のリリースでは暗号化通信が必須になります。
Control Room から Web サーバー HTTP(S)、REST/JSON 一般的に TLS の終端はファイアウォールになります。
マイクロサービスから Control Room HTTP(S)、REST/JSON 暗号化の使用はコグニティブチームによって制御されません。
マイクロサービスからデータベース TCP 今後のリリースでは暗号化通信が必須になります。
フィードバックを送る