Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

モニタリングサービス

  • 更新済み: 5/11/2020
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

モニタリングサービス

ヘルスチェックを使用して IQ Bot サービスのステータスを見つけます。

ヘルスチェックを実行

必要に応じてヘルスチェック API を使用して、目的のサービスについての詳細な検証を行います。ヘルスチェック API のリクエストおよび応答の詳細は以下の通りです。

リクエスト

以下のテーブルには、各種 IQ Bot サービスでヘルスチェックを実行するために送信された API リクエストが示されています。

サービス名 URL
エイリアス http://<hostname/IP>:9997/healthcheck
アプリケーション サービス http://<hostname/IP>:9002/healthcheck
プロジェクト サービス http://<hostname/IP>:9999/healthcheck
FileManager サービス http://<hostname/IP>:9996/healthcheck
Visionbot http://<hostname/IP>:9998/healthcheck
バリデーター サービス http://<hostname/IP>:9995/healthcheck
レポート サービス http://<hostname/IP>:9992/healthcheck
ゲートウェイ サービス http://<hostname/IP>:8100/healthcheck
フロントエンドまたはコンソール サービス http://<hostname/IP>:3000/healthcheck
RabbitMQ <RabbitMQ installation directory>\sbin\rabbitmqctl.bat status

テーブル内のリストで、IQ Bot がインストールされたマシンの Web ブラウザを使用し、<hostname/IP>IQ Bot のホスト名または IP アドレスに置き換えて、ヘルスチェック API リクエストを作成します。

たとえば、http://localhost:3000IQ Bot にアクセスできる場合、FileManager のヘルスチェックには http://localhost:9996/healthcheck という URL を使用してアクセスできます。

フィードバックを送る