Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bots for Salesforce リリース ノート

  • 更新済み: 8/21/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • AARI
    • リリース ノート

RPA Bots for Salesforce リリース ノート

RPA Bots for Salesforce 2.0 の概要とサポートされているバージョン情報を確認します。

概要

Automation Anywhere プラットフォームの Bot ソリューションを使用すると、任意の Salesforce Cloud ページから反復的なビジネス プロセスの RPA Bots for Salesforce を実行できます。

RPA ソリューションの更新バージョンは、次のコンポーネントで構成されています。

  • Salesforce Org 内の Bot Connector for Salesforce を設定する際にユーザー名と API キーのみを使用する機能。
  • Bot Connector for Salesforce から Bot を実行するための特定の Bot Runner ライセンスのプールと特定のデバイス プールを事前に構成する機能。Control Room はこのプールから適切な Bot Runner を使用して、Bot Runner のすべてがビジーの場合は Bot をキューイングし、使用可能な場合はすぐに実行します。
  • Bot Connector for Salesforce の可視性を Control Room インスタンスのパブリックリポジトリ内の特定の Bot フォルダーに制限する機能。
  • Salesforce Process Builder または Salesforce Flow Builder に構成されているイベントロジックに応じて自動的に Bot を実行する機能。

サポートされている Automation Anywhere Enterprise のバージョン

Automation 360 クラウド の展開についてのみサポート。
フィードバックを送る