Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bots for Excel リリース ノート

  • 更新済み: 12/02/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • AARI
    • リリース ノート

RPA Bots for Excel リリース ノート

RPA Bots for Excel の新機能、変更された機能、修正された機能などのリリース情報を確認します。

概要

RPA Bots for Excel プラットフォームの Automation Anywhere ソリューションでは、それら機能の Bot インターフェースに切り替えることなく、Microsoft Excel ツールバーから Automation Anywhere Enterprise を直接実行することで Excel のビジネスプロセスを自動化することができます。

サポートされている Automation Anywhere Enterprise のバージョン

  • Automation 360

    Control Room は、 クラウド または オンプレミス の展開ができます。

  • Automation Anywhere Enterprise バージョン 11.3.2.2 以降

    Control Room は、オンプレミス サーバーまたはクラウド サーバーのいずれかに導入できます。

RPA Bots for Excel バージョン 2.1

リリース日: 2020 年 12 月 2 日

新機能 (クラウド)
認証およびセッション管理の改善点

認証およびセッション管理には Control Room API キーを使用します。資格情報は、Excel ドキュメントを使用するアクティブなセッションで通算 7 日の間保存されます。

RPA Bot for Excel の設定

入力時のプレーンテキストのサポート

手動入力データで Bot を実行できるようになりました。このためには、二重引用符を使用してプレーン テキスト形式の値を使用します。

RPA Bot for Excel の実行

RPA Bots for Excel バージョン 2.0.2

リリース日: 2020 年 9 月 21 日

変更された機能
RPA Bots for Excel の認証とデータ転送で、エンタープライズ署名の SSL と中間レベル証明書がサポートされるようになりました。
修正された機能
Bot[Bot の実行] ページの [Bot] ドロップダウン Excel リストに、システムによって作成された内部 が表示されなくなります。
最新バージョンの Excel プラグインは、画面の各ページの右下隅に表示されます。

RPA Bots for Excel のバージョン 2.0.1

リリース日: 2020 年 4 月 6 日

新機能 (クラウドおよびオンプレミス)
プラグイン アプリケーションのデータ監視を有効にする

Azure Application Insights を使用して、ライブの Excel プラグイン アプリケーションのパフォーマンスと使用状況を監視および改善することができます。Application Insights は、分析、ログ、エラー、デバッグ情報の測定と収集を行います。

フィードバックを送る