Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room for RPA Bots for Mule 4 のセットアップ

  • 更新済み: 8/19/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

Control Room for RPA Bots for Mule 4 のセットアップ

コネクターを使用して Bot を実行および管理するには、Control Room との接続を確立して、変数が BotMuleSoft の間でデータをやりとりできるようにする必要があります。

デバイスが以下の前提条件を満たしていることを確認します。
  • Control Room への安全なオンライン インターネット接続に使用する IP アドレスまたは URL
  • Control Room A2019 または バージョン 11.3.2.2
  • Enterprise Client バージョン 11.3.2.2 以降
  • Control Room のログイン情報 (ユーザー名とパスワードまたは API キー)
  • Bot および Bot Runner を表示するための Control Room 管理者アカウント
  • Bot を作成するための Bot Creator ライセンス

    コネクター専任の Bot Creator ユーザーを作成します。

  • Bot を実行する Bot Runner ライセンス

    コネクター専任の Bot Runner ユーザーを作成します。

  • MuleSoft ユーザーを作成します。このユーザーは、コネクターを使用して Bot を実行し、データを渡することでビジネスプロセスを自動化します。

手順

  1. コールバックをリクエストして Control Room との通信を確認します (11.3.x Control Room のみ)。
    注: コールバック URL を使用した Control Room との接続は一度だけ行うセットアップ設定です。Bot Creator アカウント、Bot Runner アカウント、または管理者ユーザー アカウントから実行する必要があります。
    1. Control Room に管理者としてログインします。
    2. [管理] > [設定] > [一般] に移動します。
    3. [Control Room のデータベースとソフトウェア] をクリックします。
    4. [コールバック URL] フィールドに、次の形式で入力します:https://my-mule-connector.cloudhub.io/aa-mule-connector/on-bot-results/sample-bot-key
  2. MuleSoft 変数を有効にして MuleSoft から Bot に入力データを渡せるようにします。
    1. Bot Creator として Control Room にログインします。
    2. Bot ファイルを開きます。
    3. 編集する変数を選択します。
    4. [編集] をクリックするか、変数を右クリックして [編集] を選択します。
    5. [変数を編集] ウィンドウで、[入力に含める] チェック ボックスを選択します。
    6. [型] フィールドで [文字列] を選択します。
    7. [閉じる] をクリックします。
      注: デフォルトでは、[入力に含める] 設定が有効になっていません。MuleSoft から Bot にデータを渡すには、このチェック ボックスをオンにする必要があります。
  3. Excel 変数を有効にして Bot Creator として出力データを返せるようにします。
    1. Bot Creator として Control Room にログインします。
    2. Bot ファイルを開きます。
    3. 編集する変数を選択します。
    4. [編集] をクリックするか、変数を右クリックして [編集] を選択します。
    5. [変数を編集] ウィンドウで、[出力に含める] チェック ボックスを選択します。
    6. [型] フィールドで [文字列] を選択します。
    7. [閉じる] をクリックします。
      注: デフォルトでは、[出力に含める] 設定は有効になっていません。Bot から MuleSoft にデータを返すには、このチェック ボックスをオンにする必要があります。
フィードバックを送る