Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot フローに対する MuleSoft の非同期実行

  • 更新済み: 8/19/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

Bot フローに対する MuleSoft の非同期実行

RPA Bots for Mule 4 フロー用の Bot データを収集するには、MuleSoft コネクターのオプションの 1 つである、[Bot の非同期実行] パレット オプションを使用します。[Bot の非同期実行] は、On Bot Result リスナーがデータを返すことを要求する非同期の呼び出しであり、非ブロック型オペレーションです。

前提条件

  1. MuleSoft Anypoint Studio をインストールします。
  2. RPA Bots for Mule 4 コネクターをインストールします。
  3. MuleSoft Anypoint Studio のフロープロジェクトを作成します。

[Bot の非同期実行] を Mule 統合フローに追加して、選択した Bot を実行します。

Mule フローに関するヒント:
  • 必要な選択項目がリストにない場合は、必要に応じてフィールドの内容を入力できます。たとえば、項目の ID 番号を入力できます。ID 番号は、各選択名または Automation Anywhere Control Room の末尾に括弧で囲って示されます
  • フィールドにデータを手動で入力するには、[式モード] チェック ボックスを切り替えます。
  • 右パネルにある [メタデータを更新] をクリックして、入力および出力変数のリストを更新します。

手順

  1. 構成ファイルを選択した状態で、[フロー] パネルで [Bot の非同期実行] アクティビティをフローにドラッグします。たとえば、HTTP リスナー アクティビティの後ろにドラッグします。
    [Mule のプロパティ] パネルには、[Bot の非同期実行] の設定オプションが表示されます。
  2. Control Room との接続を設定します。[基本設定] 領域の [コネクター構成] フィールドの隣の [プラス] をクリックして接続を追加します。
  3. [Automation Anywhere 構成] ダイアログボックスで接続タイプを選択し、対応する接続情報を入力します。
    • 基本認証接続: Control Room の URL とユーザー名、パスワードを入力します。
    • API キー認証接続: Control Room の URL とユーザー名、API キーを入力します。
  4. [ソース] タブのドロップダウン リストからデフォルトの HTTP リスナー構成または作成したカスタム HTTP リスナーを選択します。HTTP リスナー構成がドロップダウンにない場合は、[プラス] をクリックして接続を追加します。
  5. [接続のテスト] をクリックします。
  6. 接続に成功したら、[OK] をクリックして [接続のテスト] ボックスを閉じます。[OK] をクリックして、[Automation Anywhere 構成] ダイアログボックスを閉じます。
  7. [全般] タブを選択し、次の情報を入力します。
    1. Bot (必須): リストから実行する Bot を選択するか、Bot ID を入力します。
    2. ユーザー/デバイスとして実行 (必須):
      Version: アクション:
      Automation 360 クラウド ユーザー Bot を実行するユーザー資格情報を選択するか、[別のユーザー ID として実行] を入力します。

      [別のユーザー ID として実行] を入力する場合は、区切り文字としてカンマ使用して複数の値を指定できます (例、1,2,3)。

      バージョン11.3 ユーザー Bot を実行するためのデバイスを選択するか、デバイス ID を入力します。

      デバイス ID を入力する場合は、区切り文字としてカンマを使用して複数の値を指定できます (例、1,2,3)。

    3. デバイス プール:
      Version: アクション:
      Automation 360 クラウド ユーザー 任意: Bot を実行するためのデバイス プールを選択するか、デバイス プール ID を入力します。
      バージョン11.3 ユーザー デフォルトのオプション [この Control Room ではサポートされていません] が選択されています。
    4. Bot の変数:
      1. 任意: 変数型を選択します。
      2. [式の切り替え] チェック ボックス: フィールドにリテラルテキストを入力します。たとえば、#[ payload ] です。
      3. ご使用の環境でサポートされている使用可能な入力変数型と出力変数型のリストから選択します。
        Version: アクション:
        Automation 360 クラウド ユーザー
        • 任意
        • 文字列
        • 数値
        • 日時
        • ブール型
        • 任意のタイプのリスト
        • 任意のタイプのディクショナリ
        バージョン11.3 ユーザー
        • 任意
        • 配列
        • リスト - 事前定義済み回答

        必要に応じて [メタデータを更新] をクリックし、入力および出力変数のリストを表示します。

    5. オプション: Bot 結果キー: [On Bot Result] と同じ [Bot 結果キー] を指定します。Control Room からのコールバック応答の Bot 結果を収集するには、このオプションを使用します。
      このオプションは、設定した任意の数の Bot の非同期実行アクティビティに使用でき、指定した [On Bot Result] のキーと同一である必要があります。これは、受け取り側の Mule フローに設定されている必要があります:On Bot Result を MuleSoft フローに追加
  8. オプション: [詳細] タブで以下のような一般情報を選択または入力します。
    • コールバックオプション: 認証時のコールバック オプションを指定し、提供されたフィールドに キー を入力します。

      コールバック オプションを指定すると、[Bot の非同期実行] キーと対応する値も生成され、これは [On Bot Result] のキーと同一になります。

    • 任意: 出力
    • 任意: 接続 - データ転送時に接続が失敗した場合に Control Room に再接続するための再接続戦略タイプを設定します。

      これは、複数のユーザーが Control Room に同時に接続していて、帯域幅を超えた場合に発生する場合があります。

      1. [再接続戦略][標準] を選択します。
      2. [頻度 (ms)] に「2000」(2 秒) を入力します。
      3. [再接続の試行回数]2 を入力します。

        推奨される試行回数は 2~5 回です。

フィードバックを送る