Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bots for Mule 4 コネクターのインストール

  • 更新済み: 10/05/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

RPA Bots for Mule 4 コネクターのインストール

RPA Bots for Mule 4 アドオンを使用すると、それらの機能の MuleSoft インターフェースに切り替えることなく、Bot から直接 MuleSoft Anypoint Studio を実行することで Automation Anywhere Enterprise のビジネスプロセスを自動化することができます。

前提条件

MuleSoft Anypoint Studio をインストールします。

手順

  1. RPA Bots for Mule 4 コネクターをダウンロードします。
    1. ブラウザで、anypoint.mulesoft.com/exchange/ に移動し、ログインします。
      または、MuleSoft Anypoint Studio プラットフォームから [Exchange Discover & Share] をクリックします。
    2. 左側のパネルで、[すべてのアセット] をクリックします。
    3. Automation Anywhere を検索し、コネクター タイルが表示されたら、そのタイルをクリックします。
    4. [Automation Anywhere Enterprise コネクター] ページで、[ダウンロード] をクリックします。
  2. RPA Bots for Mule 4 プロジェクトを MuleSoft Anypoint Studio コネクターに追加します。
    1. MuleSoft Anypoint Studio ワークスペースから、[Mule パレット] > [Exchange で検索] をクリックします。
    2. [プロジェクトへの依存関係の追加] ダイアログ ボックスの [使用可能なモジュール] フィールドで、Automation Anywhere を検索します。
    3. [使用可能なモジュール] リストから Automation Anywhere モジュールを選択し、[追加] をクリックして [完了] をクリックします。
      Automation Anywhere モジュールは、Mule Palette の左側に表示されます。右側には、次の 3 つのオペレーションが示されます。Bot アクティビティの取得On Bot ResultBot の非同期実行
  3. Mule 統合フローに Bot 機能を追加します。
    1. MuleSoft Anypoint Studio ワークスペースから、Package Explorer > package_name > src/main/mule (フロー) > 新規 > Mule 構成ファイルを選択します。
    2. 構成ファイルにファイル名を割り当て、[完了] をクリックします。
  4. RPA Bots for Mule 4 コネクターと Control Room の間の接続を構成します。
    1. 構成ファイルを選択した状態で、Mule パレット から要素をドラッグします。Bot アクティビティを構成画面にドラッグします。
    2. Mule のプロパティを編集して、選択した Bot アクティビティを設定します。
フィードバックを送る