Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

MuleSoft ユーザーを作成して、カスタム ロールを割り当てる

  • 更新済み: 8/19/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

MuleSoft ユーザーを作成して、カスタム ロールを割り当てる

MuleSoft ユーザーを作成して、RPA Bots for Mule 4 のユーザーにカスタム ロールを割り当てます。MuleSoft ユーザーは、コネクターを使用して Bot を実行し、データを渡すことでビジネスプロセスを自動化します。

手順

  1. ユーザーのカスタム MuleSoft コネクター ロールを作成して、そのロールに Bot Creator および Bot Runner のユーザーを追加します。
    1. [管理] > [ロール] に移動します。
    2. [ロールを作成] をクリックし、ロール名を入力します。必要に応じてロールの説明を入力します。
    3. [機能] タブの [Bot] セクションに移動し、以下を選択します。[マイ Bot を表示][マイ Bot を実行][Bot のエクスポート][Bot のインポート][フォルダーを作成][フォルダー名を変更]
    4. [パッケージマネージャー] セクションに移動し、[パッケージを表示] [パッケージを管理] を選択します。
    5. [API] セクションまでスクロールし、[API キーを生成] を選択して、[次へ] をクリックします。
    6. [Bot] タブで「Bot」フォルダーを展開し、プラグインで使用するフォルダーを選択します。
    7. [実行][コンテンツを表示] を選択し、[Next] をクリックします。
    8. [別のユーザーとして実行] タブの選択可能なユーザーのリストから Bot Runner ユーザーを選択し、右矢印をクリックしてロールを Selected 列のリストに移動します。
    9. [ユーザー]タブの選択可能なユーザーのリストから Bot Creator ユーザーと Bot Runner ユーザーを選択し、右矢印をクリックしてロールを Selected 列のリストに移動します。
    10. [ロールを作成] をクリックして、MuleSoft コネクター ロールを作成します。
  2. MuleSoft ユーザーを作成し、ユーザー: [管理][ユーザー] にカスタム MuleSoft コネクター ロールを割り当てます
    1. ([管理] > [ユーザー])。
    2. [ユーザーを作成] をクリックします。
      アイコンは [ユーザー] テーブルの右上にあります。
      [ユーザーを作成] ページが表示されます。
    3. [詳細事項] セクションで、以下のユーザー詳細を入力します。
      フィールド アクション:
      ユーザーを有効にする このチェック ボックスを選択すると、ユーザーは直ちにログインできます。
      ユーザー名: 一意のユーザー名を入力します。
      説明 任意: ユーザーの説明を入力します。
      任意: ユーザーの名を入力します。
      任意: ユーザーの姓を入力します。
      パスワード ユーザーのパスワードを入力して、確認のために再度入力します。パスワードがパスワード ポリシーに準拠していることを確認します。
      E メール ユーザーの E メール アドレスを入力して、確認のために再度入力します。

      SMTP を有効にすると、アカウントを確認するためのメールがこのアドレス宛てに送信されます。Control Roomに関するすべての重要な通知は、このメール アドレスに送信されます。

    4. [ロールを選択] セクションの Available roles 列から MuleSoft コネクターのロールを選択し、右矢印をクリックしてロールを Selected 列に移動します。
    5. ユーザーに [なし] のデバイス ライセンスを割り当てます。
      ユーザーに付与されるのは Control Room へのアクセスだけです。
    6. [ユーザーを作成] をクリックして、カスタム ロールを持つ MuleSoft コネクター ユーザーを作成します。
      新しいユーザーが [ユーザー] テーブルに表示されます。SMTP が有効な場合、ログインを招待する E メールが新しいユーザーに送信されます。
フィードバックを送る