Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bots for G Suite 用のカスタム出力スクリプトの作成

  • 更新済み: 4/05/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • AARI
    • プロセス フロー

RPA Bots for G Suite 用のカスタム出力スクリプトの作成

デフォルトのスクリプトを使用するか、カスタム スクリプトを作成することで、Bot から返されるデータを処理することができます。出力スクリプトは Google App Scripts コードで記述します。

Google G Suite Sheets スプレッドシートのデータ結果を保存または表示したり、REST API を呼び出したり、スプレッドシート上の値を強調表示また色分け表示して、Bot からシートにデータを返したりする新規カスタム スクリプトを作成することができます。

App Scripts API を使用した Google G Suite の関数の実行については、Google Apps Script を参照してください。

デフォルトのスクリプトを利用することもできます。[高度なスクリプト記述] タブを選択し、デフォルトのオプション [デフォルト: セルに保存] を選択します。このオプションを使用すると、AutomationBotResult Google G SuiteSheets スプレッドシートに結果が保存されます。

手順

  1. Google G Suite Sheets アプリケーションから Automation Anywhere RPA Bots for G Suite パネルを開いて、ログインします。
  2. RPA Bots for G Suite パネルからサブメニュー (縦長の 3 つの点) を開いて、[高度なスクリプト記述] を選択します。
    [高度なスクリプト記述] ページが表示されます。デフォルトのセルに保存スクリプト、名前、コードおよびテスト データが自動的に表示されます。
  3. 既存のスクリプトを編集するか、新規スクリプトを作成します。プルダウンメニューから選択して、テキストフィールドの入力または編集を行います。
    スクリプトを選択
    既存のスクリプトを選択するか、デフォルトの セルに保存 スクリプト、または 新規作成 スクリプトを使用します。
    スクリプト名
    スクリプトの名前を入力します。既存のスクリプトが選択されると、このスクリプトの内容が自動的に入力されます。
    コード
    既存の JavaScript コードを入力または編集します。
    データのテスト
    既存の入力または編集
  4. スクリプトをテストします。[テスト] をクリックします。
    スクリプトの実行が成功したかどうかを示すメッセージが表示されます。
  5. スクリプトを保存するには、[保存] をクリックします。
    テストが成功するまで、スクリプトは保存できません。
フィードバックを送る