Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bots for Excel インストールの前提条件 (オンプレミスおよびクラウド)

  • 更新済み: 7/23/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • AARI
    • 概要

RPA Bots for Excel インストールの前提条件 (オンプレミスおよびクラウド)

インストール要件を参照して、ご使用の環境が RPA Bots for Excel を使用開始する準備ができていることを確認します。

システムが以下の導入条件を満たしていることを確認します。

オンプレミスのインストール:

IT 管理者は、別の専用サーバーでオンプレミスのインストールを実行できます。サーバーとしては、データセンター内の物理的マシン、またはクラウド プラットフォーム上の仮想マシンを使用できます。専用サーバーは RPA Bots for Excel プラグイン用の統合サーバーとして使用することで、Control Room とやりとりされるすべての通信を管理できます。統合サーバーは、ノード上で動作している自己完結型の Web サーバーです。サーバーの URL は、マシン名にドメイン名を加えたものでも、あるいはこのマシンに割り当てられているドメインまたはサブドメインの URL でもかまいません。URL は、このマシンにインストールされている統合サーバーにアクセスするためのエンドポイントです。統合サーバーは、HTTPS のデフォルト ポート 5512 を使用します。イントラネットでは、統合サーバーが使用しているポートとのトラフィックを許可する必要があります。

通信してデータを転送するには、次のシステム間の接続が必要です。
  • Control Room と統合サーバー
  • Enterprise Client と統合サーバー
  • Enterprise ClientControl RoomControl Room の URL は、Enterprise Client マシンの側から開く必要があります。

クラウドのインストール

クラウドのインストールでは、統合サーバーのインストールおよび SSL 認証は必要ありません。クラウド上の統合サーバーは、Microsoft Azure を使用してホストされます。クラウド統合サーバーは、HTTPS のデフォルト ポート 443 を使用します。プラグインは Microsoft Appsource からダウンロードできます。https://appsource.microsoft.com/en-us/product/office/WA200001772?tab=Overview

通信してデータを転送するには、次のシステムの間でインターネット接続できる必要があります。
  • Control RoomAutomation Anywhere ホスト統合サーバー
  • Enterprise ClientAutomation Anywhere ホスト統合サーバー。
  • Enterprise ClientControl RoomControl Room の URL は、Enterprise Client マシンの側から開く必要があります。

マシンのシステム要件

下表に、ご使用のマシンタイプのシステム要件を示します。

マシンタイプ プロセッサー RAM ストレージ

(ディスクの空き容量)

ネットワーク
物理マシン 3.5 GHz+、4 マルチコア以上のプロセッサー 8 GB 以上 16 GB 1 GbE
仮想マシン 4 CPU 仮想プロセッサー 8 GB 以上 16 GB 1 GbE

オンプレミスとクラウドの要件

下表に、オンプレミスおよびクラウド導入のシステム要件を示します。

導入 Excel バージョン Office 365 統合サーバーのインストールが必要 Excel アドインのインストール ポートのカスタマイズ SSL 証明書が必要 ユーザー マシンの接続 Control Room 接続
オンプレミス 2019 またはそれ以降 なし はい 統合サーバー経由のインストール はい、デフォルト ポート 5512 はい イントラネット イントラネット
クラウド 2019 またはそれ以降 オンライン版のみ いいえ Microsoft AppSource いいえ、デフォルトポート 443 が必要 いいえ インターネット インターネット
フィードバックを送る