Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

統合

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

RPA Bot for Excel の設定

  • 更新済み: 11/13/2020
    • Automation 360 v.x
    • 管理
    • AARI
    • プロセス フロー

RPA Bot for Excel の設定

プラグインを使用して Excel から Control Room にログインできるよう設定します。

前提条件

セットアップに応じて、「RPA Bots for Excel のインストール (クラウド)」または「RPA Bots for Excel のインストール (オンプレミス)」のステップを完了します。

プラグインを使用して Excel から Bot を実行および管理するには、最初に Excel ユーザー ログイン資格情報を使用して Automation Anywhere Control Room への接続を確立し、ログインする必要があります。
注: Excel から Bot を実行する場合、一度に使用できるのは 1 つのアプリケーションのログイン アカウント情報だけです。たとえば、プラグインと Control Room に同時にアクセスすることはできません。
注: プラグインでサポートされるのは、フォームベースの認証だけです。AD 認証と SSO 認証はサポートされていません。

手順

  1. Excel アプリケーションから、[自動化] > [設定] > [Control Room] を選択します。
    通知ウィンドウが表示されます。
  2. [許可] をクリックします。
    [Control Room] ページが表示されます。
  3. Control Room必要に応じて TaskBot にログインします。
  4. Control Room からログアウトします。
  5. Excel アプリケーションから、[自動化] > [設定] > [ログイン] を選択します。
    右側のパネルに [ログイン] ページが表示されます。
  6. Control Room[Control Room の URL] フィールドに の URL を入力します。たとえば、「https://product.example.com」と入力します。
  7. Excel のユーザー名パスワードを入力します。
  8. Excel 内にパスワードを保存するには、[資格情報を記憶する] をクリックします。
  9. オプション: [Use My API-Key] をクリックして、パスワードの代わりに API キーを使用します。
    [パスワード] フィールドが [API キー] フィールドに置き換わります。
  10. [API キー] フィールドに API キーを入力します。
  11. Excel に API キーを保存するには、[資格情報を記憶する] をクリックします。
    次のメッセージが表示されます。「ログインに成功しました」 資格情報は、Excel ドキュメントを使用するアクティブなセッションで通算 7 日の間保存されます。ユーザー名とパスワードまたは API キーは、使用中、開いているすべてのドキュメントに保存されます。
  12. [ログイン] をクリックします
    すべての Excel プラグインのページで、[What's this] ツールチップが [Log Out] に置き換わります。
フィードバックを送る